お得な情報/保険

ジブラルタ生命保険で借入できる、契約者貸付と返済の手続きを紹介

あまり知られていないかもしれませんが、とても便利な契約者貸付という仕組み。

今回は、ジブラルタ生命において契約者貸付の概要から、貸付できる保険種類、実際の流れまで解説していきます。



契約者貸付の仕組み

「契約者貸付」とは、保険独自の仕組みで、貯まっている解約返戻金8割から9割を保険会社から借入を受けることができます。

したがって、解約返戻金のない医療保険や定期保険では利用できません。

保険会社からお金を借入するので、金利は取られますが、消費者金融のように暴利ではありません。

どうしてもお金が必要になったときに、契約者貸付を一時的に行い、お金に余裕が出れば、いつでも返済できる便利な仕組みです。

契約者貸付については、詳しくは下記リンクで解説していますので、よかったら読んでみてください。

ジブラルタ生命における契約者貸付の手続き概要

では、次にジブラルタ生命における契約者貸付について紹介していきます。

手続き方法

契約者貸付の手続きは、次の2通りで可能です。

・コールセンターまたは書類による手続き

・インターネットでの手続き

電話だとどうしても時間がかかってしまうので、わたしは専らネットで手続きしています。

実際の契約者貸付の流れはあとで紹介します。

利用可能な時間

コールセンターでは、つぎの通りです。

平日 8時半から20時

土曜日 9時から17時 (日祝日年末年始は不可)

一方、インターネットでは、けっこう珍しいのですが、ジブラルタ生命では24時間対応しています。

契約者にとっては本当にありがたいですね。

契約者貸付した資金の受領日

請求した日や保険種類によって異なりますが、基本的には翌営業日または翌々営業日には振り込まれます。

利用限度額

一日の限度額は、100万円または1万ドルまでです。


契約者貸付できる保険の種類例

上でも紹介したように、契約者貸付できる保険は、解約返戻金(キャッシュバリュー)のある保険のみです。

逆に、キャッシュバリューのない医療保険や定期保険では利用できません。

現在販売されている保険のうち、契約者貸付できる保険例は次のとおりです。

円建保険

  • 終身保険
  • 介護保障付終身保険 (低解約返戻金型)
  • 低解約返戻金特則付 特定疾病保障終身保険

外貨建保険

  • 米国ドル建終身保険
  • 米国ドル建リタイアメント・インカム
  • どるフィン「生存給付金特則付 米国ドル建終身保険 」
  • ドリーム・ゲート 「生存給付金特則付 米国ドル建終身保険 」
  • 一時払米国ドル建終身保険

実際の手続き

では、実際の手続きの流れを解説していきます。

まずはジブラルタ生命のインターネットサービスのページにいきます。

契約者貸付

①「契約者貸付金のご請求」に進みます

②次に、契約者貸付を行う契約を選択します。

③契約者貸付に関する貸付条項に同意します。

④最後に、借入れを受ける金額を入力すれば完了です。

最初は大変かもしれませんが、慣れてくればすぐに完了します。

貸付金の返済

貸付金を返済する場合は、次の2通りです。

・振込用紙による返済

・指定の口座番号への振込み

いずれにせよ、コールセンターへの連絡が必要になります。

貸付金を受けるときは、インターネットで手続きできましたが、返済のときはできないのでちょっと手間ですね。

たいていの場合は、この契約者貸付を利用しないかもしれませんが、わたしの場合は、一時的な緊急予備資金や、運用として使っています。

下記にリンクを貼っておきますので、いっしょに読んでみてください。

外貨建て保険で資産運用

関連記事

  1. お得な情報/保険

    毎年5万円の還付金!生命保険料控除を使った究極の節税手法

    こんにちは、保険マニア(@hokenmania)です。生命保険…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. お得な情報/保険

    保険会社が損する保険 明治安田生命「じぶんの積立」。貯金するぐらいだったら、入れ…
  2. 資産運用

    世界一のお金持ち、ウォーレン・バフェットのように資産を増やす方法。集中投資と複利…
  3. お得な情報/保険

    FX取引するなら、じぶん銀行の「AI外貨予測」がオススメ。取引タイミングを教えて…
  4. お得な情報/保険

    医療保険の加入は見直しが前提。保険料を「終身払い」にすれば、初期段階は安く抑える…
  5. お得な情報/保険

    「がん保険」ならメディケア生命の「メディフィットプラス」がおすすめ!一年に1度、…
PAGE TOP