生命保険

最終更新日: 2019.03.6

マニュライフ生命「こだわり個人年金(外貨建)」のメリット、デメリット、他の類似商品との比較を徹底解説!

f:id:hokenmania21:20180403075244p:plain

今回は、複数の保険会社の商品を取り扱う保険ショップで人気のマニュライフ生命「こだわり個人年金(外貨建)」を紹介します。
人気の理由から、類似商品との違い、メリット・デメリットなどを解説していきます。



こだわり個人年金の特徴

こだわり個人年金の保険種類は、名前のとおり個人年金です。
死亡保障よりは、解約返戻金(キャッシュバリュー)を貯めていくタイプの保険です。

将来の年金を自助努力だけで貯めようとすると大変です。
最初は勢いよく貯めることができるかもしれませんが、住宅の購入や子供の教育資金などずっと貯め続けることは不可能かもしれません。

そこで、将来の不足する年金のために利用されるのが、個人年金です。
保険という仕組みを使って、毎月少しずつ長期間にわたって貯めていきます。

www.hokenmania.net

通貨は米ドルと豪ドルの2種類

こだわり個人年金は、外貨で運用されます。
選択できる通貨は、米ドルと豪ドルの2種類です。

2種類あるので、米ドルか豪ドルのどちらかを選んでもいいですし、両方を少しずつという手もあるでしょう。
というのも、以前であれば豪ドル金利の方が圧倒的に高かったです。今では米ドルの方が高くなっています。

www.hokenmania.net


人気の理由は外貨による高金利運用

ちょっと上でも触れましたが、米ドルや豪ドルは日本円と比べて高金利です。
つまり、この個人年金では、高金利による運用パフォーマンスを享受できます。これが、人気の理由です。

以前であれば、円建の個人年金も人気がありました。
でも、今は人気ありません。というよりむしろ、販売している保険会社がほとんどありません。

円建の運用が厳しく、うまく運用したとしても増えないからです。
私たちの日常生活においても、銀行に預けてもお金がまったく増えないのと同じことです。

つぎのグラフは、アメリカ、オーストラリアそして日本の長期金利の推移です。
アメリカやオーストラリアは日本と比べて、高水準で推移していますね。

f:id:hokenmania21:20190120111629p:plain

最低保証された積立利率

この個人年金では、積立利率が変動します。
積立利率とは、各国の国際金利に基づきマニュライフ生命が計算し、解約返戻金等を決めるための指標です。

つまり、積立利率が高ければ高いほど、運用効率は高いと言えます。

積立利率が変動するので、高いところで変動するのは問題ないけど、下がった場合はどうなるのと考える人もいるでしょう。
安心して下さい。ちゃんと、この積立利率は1.5%で最低保証されています。

www.hokenmania.net

円固定による払込で為替リスクに対応

この個人年金は、外貨建てなので為替が気になる方もいるでしょう。

通常の外貨建て保険であれば、為替の状況に応じて、毎月支払う保険料が変動します。
前の月と比べて数%も保険料が違うなんてこともあり得るわけです。

マニュライフ生命の個人年金では、ちゃんと安心できる仕組みが提供されています。
毎月支払う保険料は円建てで固定されているわけです。例えば、1万円とか2万円とか。

支払われた保険料(円建)は、マニュライフ生命で外貨に交換されて運用されていきます。
したがって、契約者は為替の影響を心配する必要がないわけですね。

www.hokenmania.net


保険料のクレカ払いでポイント獲得

保険料の支払い方法は次の3通りです。

・口座振替
・団体扱い
・クレジットカード払い

保険料は毎月支払っていくものなので、クレジットカードで支払えることは大きなポイントです。

www.hokenmania.net

終身年金で将来の安心感

また、個人年金の満期時のお金の受取り方にも特徴があります。3種類です。

・一括受取
・確定年金
・終身年金

一括受取と確定年金は字の通りです。
一括受取は満期時にすべて受取り、確定年金は5年とか10年とか確定された期間にわたって年金を受け取る方法です。

最後の終身年金はちょっと変わっています。
年金の受取り手が生きている限り、ずっと年金を受け取ることができます。

安心感は強いですが、本当にそんなことできるのと思うかもしれません。
他の金融商品であれば、そんなことできません。保険だからこそできる仕組みですね。

www.hokenmania.net

個人年金保険料控除で節税

あと、節税面でも個人年金は役に立ちます。
保険には3つの保険料控除の仕組みがあります。そのうちの一つが個人年金保険料控除です。

今回のこだわり個人年金は、この控除枠を使えます。
今では、円建ての商品が無くなってきましたが、有効な活用先です。

またサラリーマンの節税できる手段は限られています。
しがたって、使えるものは使っておいた方がいいでしょう。もちろん、私は満額つかっています。

・ふるさと納税
・個人型確定拠出年金
・保険料控除

www.hokenmania.net

最低保険料は月1万円から

個人年金保険料を使いたい人にとっての唯一のデメリットが最低保険料です。
毎月の保険料は1万円からとなっています。

個人年金保険料控除では、対象は年間保険料8万円までとなります。
ちょっとオーバーしちゃいますが、運用効果も考慮すれば十分検討に値する個人年金でしょう。

関連記事

  1. お得な情報/保険

    【徹底比較】定期保険で保険料が一番安い保険会社はどこ?高い保険会社だと2倍以上違ってきます。

    「今払っている保険料を、少しでも安くできないか」「保険料を安くして、…

  2. お得な情報/保険

    売り止めが相次ぐ個人年金保険、販売停止となる理由と代わりとなる保険を紹介!

    今まで、生命保険の中で個人年金保険は根強い人気がありました。特に独…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. お得な情報/保険

    SMBC信託銀行 PRESTIA(プレスティア)とは?外貨建て保険に加入していれ…
  2. お得な情報/保険

    「がん保険」ならメディケア生命の「メディフィットプラス」がおすすめ!一年に1度、…
  3. お得な情報/保険

    チューリッヒ生命「定期保険プレミアム」、シンプルで割安。同じ保障を準備するなら圧…
  4. お得な情報/保険

    明治安田生命「じぶんの積立」を使って、生命保険料の控除枠を過不足なく使い切る方法…
  5. お得な情報/保険

    「モゲチェック」なら簡単・効率的に住宅ローンの借り換えが可能。手続きが面倒だなと…
PAGE TOP