生命保険

最終更新日: 2019.03.6

メットライフ生命「USドル建終身保険 ドルスマートS」のメリット、デメリット、他の類似商品との比較を徹底解説!

f:id:hokenmania21:20180808080344p:plain

今回はメットライフ生命で人気の外貨建て保険、「USドル建終身保険 ドルスマートS」を解説します。
人気の理由からメリット、デメリットまで他社の類似商品と比べていきます。

www.hokenmania.net



USドル建終身保険 ドルスマートSの概要

まず保険商品の種類として、終身保険です。
終身保険とは、保険料の支払いが終わったとしても、一生涯の保障が続く安心感のある保険となります。

保障を準備するだけではなく、支払った保険料が少しずつ貯まっていく貯蓄機能があります。
将来の年金や子どもの教育資金を貯める目的で加入する人もいます。

貯まっていくお金は解約返戻金と呼ばれて、この解約返戻金に基づき契約者貸付ができます。
契約者貸付って初めて聞く言葉かもしれませんが、保険独自の仕組みで解約返戻金の80~90%を保険会社から借りることができます。

利息は取られますが、消費者金融のように暴利ではなく、緊急時に手当てするような仕組みでいつでも返済できます。
そのような便利な特徴を持つ保険が終身保険です。

www.hokenmania.net

通貨は米ドル

このUSドル建終身保険 ドルスマートSの通貨は、商品名のとおり米ドルになります。
米ドル建だからといって、保険料を米ドルで支払う必要があるかというと決してそういうわけではありません。

ちゃんと保険会社が米ドルを準備してくれます。
契約者は日本円で払えばいいわけですね。

ドルスマートの場合、契約者が米ドルでの支払いを希望する場合は、米ドルでも可能です。
保険料の支払い方を選択できることはいいですね。

www.hokenmania.net


ドルスマートSのメリット

保険が米ドル建なので、ちょっとコワいと思うかもしれません。
確かに、支払う保険料や受け取る解約返戻金、保険金は米ドル建を日本円に換算するので変動します。

でも、そのコワさを払しょくするような大きなメリットがあるわけです。
それは、米ドルという高金利通貨による運用です。

同じ保障金額の終身保険の場合、日本円よりも米ドルの方が保険料は安くなります。
また、高金利で効率的に運用できるので、解約返戻金(キャッシュバリュー)の貯まり方も全然違います。

f:id:hokenmania21:20190117153807p:plain

いま円建の終身保険に加入しようとしても、解約返戻金が支払う保険料を超えるのは時間がかかることでしょう。
年齢によっては、支払う保険料が高いままということも十分にあり得ます。

www.hokenmania.net

人気の理由は変動する積立利率

他の保険会社でも、同じような米ドル建終身保険は販売されています。
ところが、このメットライフ生命のドル建保険が群を抜いて人気です。

その理由は、変動する積立利率にあります。
他の保険会社では固定されているのに対して、メットライフではマーケット環境に合わせて毎月変動します。

そもそも積立利率とは、解約返戻金や保険金、保険料などを決める重要な指標です。
高ければ高いほど、効率的に運用できて、保険料が安くなります。

ここで、直近の積立利率を見てみると次の通りです。
この積立利率を見て、積立利率が上がっていくのはいいけど、下がる場合は心配という人もいるでしょう。

f:id:hokenmania21:20190117134534p:plain

安心してください。
メットライフ生命では、なんと積立利率3%で最低保証されています。

メットライフ生命のドルスマートが人気の理由は、米国の高金利による効率的な運用を享受できるからです。

www.hokenmania.net

保険料の支払い方法

メットライフ生命において、保険料の支払いを口座振替だけではなく、クレジットカード払いも選択できます。
ただし、ドルスマートSで使用可能なクレジットカードはJCBのみとなります。

VisaやMastercard、アメックスは使えないのは残念ですね。


通貨も日本円だけではなく米ドルで可能

また保険料の支払いについて、口座振替を選択すると、米ドルのまま支払うことができます。
海外旅行や留学、駐在で外貨が残っていたらそのまま使えますね。

米ドルのまま保険料を引き落としする場合、SMBC信託銀行プレスティアの口座が必要です。

www.hokenmania.net

保険料を引き下げる低解約返戻金プランも選択可能

このドルスマートでは、通常プランの他に低解約返戻金プランも提供されています。
低解約返戻金プランでは、保険料支払い期間中の返戻率は低く抑えられていて、その代わりに保険料が通常プランと比べて保険料が割安になります。

さらに、保険料支払い終了後の返戻率は通常プランよりも高くなり運用に適しています。
途中で解約してしまうと支払った保険料よりも少ない金額しか戻ってこないので、支払い期間中は解約しない、または前納で保険料を支払う人にとってはおすすめのプランです。

さらに安心感を得たい人には、三大疾病・介護給付終身保険特約プラン

通常プランよりも、将来の病気に備えたい人にとっては三大疾病・介護給付終身保険特約プランもあります。

通常の終身保険では、死亡または高度障害の場合のみ保険金の支払い対象です。
それよりも、少し手前の次の状態でも保険金を受け取れるのがこのプランの特徴になります。

「悪性新生物と診断確定された場合や、心疾患、脳血管疾患または要介護状態により所定の条件に該当されとき(※上皮内新生物は除きます。)」

保険金の受取り対象が増えますので、将来の病気に対する安心感は広がりますね。
ただこの特約を付けようとすると、保険料もグッと上がります。

保険料はそんなに上げたくない、でも将来の保障を充実させたいという人にとっては次の特約がおすすめです。

www.hokenmania.net

三大疾病・介護保険料払込免除特約

特約の名前を見てみると、この特約は先ほどのプランと似ていますね。
対象の疾病や介護状態は同じですが、こちらの特約では対象事由に該当すると、以降の保険料支払いが免除されます。

保険料を支払わなくても、保険料を支払っているかのように、解約返戻金は貯まっていき、一生涯の保障は続きます。
安心感の強い特約といえます。

www.hokenmania.net

ドルスマートのデメリット

ここまでメットライフ生命の魅力的なメリットを紹介してきました。
最後に、デメリットも解説しますね。

それは他社と比べると、為替手数料が高いことです。
日本円で支払う場合、保険会社が米ドルを準備してくれます。但し、為替手数料が付加された形で。

次の表を見てください。
他の保険会社の為替手数料の比較です。

保険会社 2回目以降の保険料支払
メットライフ生命 50銭
ソニー生命 1銭
プルデンシャル生命 25銭
三井生命 25銭
ジブラルタ生命 50銭
PGF生命 50銭
ニッセイ・ウェルス生命 50銭
マニュライフ生命 50銭

契約者としては正直もう少し安くなってもいいかなと思っています。
といっても、これでも安くなったほうです。去年まで1円取ってましたからね。

www.hokenmania.net

為替手数料が気になる方は外貨払いで

どうしても50銭の為替手数料が気になるという人もいることでしょう。
実は、為替手数料を引き下げる方法があります。

それは、外貨のまま保険料を支払うことです。
年払いで保険料を支払うことで、さらに保険料が安くなりますので、外貨のまま保険料を支払う方は年払いも検討してみてくださいね。

www.hokenmania.net

関連記事

  1. 生命保険

    ソニー生命「米ドル建特殊養老保険」のメリット、デメリット、他の類似商品との比較を徹底解説!

    前回紹介した「米ドル建終身保険」と同じくらい人気のソニー生命の売れ…

  2. 生命保険

    ソニー生命で加入できる2種類の個人年金。変額個人年金保険との違いを解説!

    ソニー生命には、2種類の個人年金が販売されています。・5年ごと…

  3. お得な情報/保険

    売り止めが相次ぐ個人年金保険、販売停止となる理由と代わりとなる保険を紹介!

    今まで、生命保険の中で個人年金保険は根強い人気がありました。特に独…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. お得な情報/保険

    ソニー生命「米ドル建終身保険」の特徴をご紹介。外貨建保険の中で、保険料の支払い方…
  2. 資産運用

    【まとめ】人気投資信託のトップ10構成銘柄の決算説明会資料。ひふみ投信、ニッポン…
  3. お得な情報/保険

    「子どもに保険は必要?」と考える人におすすめする、整理する3つのポイント。
  4. お得な情報/保険

    「モゲチェック」なら簡単・効率的に住宅ローンの借り換えが可能。手続きが面倒だなと…
  5. お得な情報/保険

    資産運用には種銭が必要!?「簡単にお小遣い稼ぎしたい」人におすすめの種銭なしに効…
PAGE TOP