保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

ソニー生命「米ドル建一時払終身保険」のメリット、デメリット、他の類似商品との比較を徹底解説!

f:id:hokenmania21:20180711081442j:plain


これまでソニー生命の外貨建て保険の平準払いを紹介してきました。
今回紹介する保険は、一括で保険料を支払うタイプの一時払です。


どんな違いがあるのか、比較しながら解説していきます。


www.hokenmania.net
www.hokenmania.net




米ドル建一時払終身保険の概要


商品の種類は、終身保険です。
終身保険とは、保険料の支払いが終わったとしても、一生涯の保障が続く安心感のある保険となります。


保障を準備するだけではなく、支払った保険料が少しずつ貯まっていく貯蓄機能があります。
将来の年金や子どもの教育資金を貯める目的で加入する人もいます。


貯まっていくお金は解約返戻金と呼ばれて、この解約返戻金に基づき契約者貸付ができます。
契約者貸付って初めて聞く言葉かもしれませんが、保険独自の仕組みで解約返戻金の80~90%を保険会社から借りることができます。


金利はかかりますが、消費者金融のように暴利ではなく、緊急時に手当てするような仕組みでいつでも返済できます。
そのような便利な特徴を持つ保険が終身保険です。


www.hokenmania.net



通貨は米ドル建


この米ドル建終身保険の通貨は、商品名のとおり米ドルになります。
米ドル建だからといって、保険料を米ドルで支払う必要があるかというと決してそういうわけではありません。


ちゃんと保険会社が米ドルを準備してくれます。
契約者は日本円で払えばいいわけですね。




平準払と一時払の違い


平準払では保険料を毎月または毎年支払っていきます。


一方、今回のドル建て商品は一時払なので、保険料を契約時に一括で支払います。
保険料の支払いは一度のみなので、家計の管理はしやすいかもしれませんね。


加入にあたって告知不要


保険料の支払い以外にもう一つ異なる点があります。
平準払では、契約時から支払う保険料の何倍もの保障がついています。


少ない保険料で大きな保障を準備できるわけです。
保険でよく言われるようなレバレッジ機能のことです。


一方、この一時払のドル建て保険ではレバレッジ機能はありません。
保険料イコール保険金額です。


平準払の方がお得感があるかもしれませんが、加入の際に告知が必要になります。
健康診断の結果や過去の病歴など詳しく回答する必要があります。


状況によっては、保険料が上がったり条件がつきます。
最悪、保険に加入できないこともあります。


一時払はどうかというと、告知が不要です。
入りたければ基本的に加入できます。


保険料以上に保障が付いていない分、入りやすいというわけですね。


www.hokenmania.net






平準払と比べて運用性強い保険


次の表をみてください。
加入後の解約返戻金の推移です。


f:id:hokenmania21:20190115212910p:plain



時間の経過につれて解約返戻金がぐんぐん増えていきます。
一時払の方がより運用性が強いと言えます。


www.hokenmania.net


被保険者は50歳以上


米ドル建一時払終身保険のネックを一つだけ挙げるとすれば、加入年齢です。
被保険者は50歳以上でなければ契約できません。


ここで「被保険者が…」とお伝えしたのは、契約者の年齢に制限はないからです。
相続対策を検討する場合は、子どもや孫を契約者にできますね。





為替の影響を受ける保険料


一時払では保険料の支払いは契約時の一度のみです。
保険料はその時の為替によって決まります。


つまり、円安であれば高く円高になれば安くになります。
契約時が安いか高いかは誰にも分かりません。


契約時の為替影響を受けてしまうことがもう一つのデメリットかもしれませんね。

有料noteで紹介した外貨建て保険を活用した運用に最適


あと、少しPRになっちゃいますが、Twitterや、noteで紹介する外貨建て保険をつかった資産運用ではこの一時払が最適です。


平準払では解約返戻金が貯まるまで時間がかかります。
一方、一時払では契約時から支払った保険料相当額を運用できます。


運用原資の大きさが利益につながりますので早めに利益を大きくしたければ、この一時払はおすすめですね。
外貨建て保険に加入している、今後加入を検討している人はぜひ読んでみてくださいね。

外貨建て保険で資産運用@note