保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

ソニー生命「米ドル建終身保険」のメリット、デメリット、他の類似商品との比較を徹底解説!

f:id:hokenmania21:20180711081442j:plain


ソニー生命の人気商品の一つである、米ドル建終身保険。
私も実際に加入するこのドル建て商品について、メリットとデメリットを併せて解説していきます。



米ドル建終身保険の概要


まず保険商品の種類として、終身保険です。
終身保険とは、保険料の支払いが終わったとしても、一生涯の保障が続く安心感のある保険となります。


保障を準備するだけではなく、支払った保険料が少しずつ貯まっていく貯蓄機能があります。
将来の年金や子どもの教育資金を貯める目的で加入する人もいます。


貯まっていくお金は解約返戻金と呼ばれて、この解約返戻金に基づき契約者貸付ができます。
契約者貸付って初めて聞く言葉かもしれませんが、保険独自の仕組みで解約返戻金の80~90%を保険会社から借りることができます。


金利はかかりますが、消費者金融のように暴利ではなく、緊急時に手当てするような仕組みでいつでも返済できます。
そのような便利な特徴を持つ保険が終身保険です。

参考リンク
保険だけが持つ独自の仕組み「契約者貸付」



通貨は米ドル


この米ドル建終身保険の通貨は、商品名のとおり米ドルになります。
米ドル建だからといって、保険料を米ドルで支払う必要があるかというと決してそういうわけではありません。


ちゃんと保険会社が米ドルを準備してくれます。
契約者は日本円で払えばいいわけですね。

参考リンク
ソニー生命「米ドル建特殊養老保険」

米ドル建終身保険のメリット


保険が米ドル建なので、ちょっとコワいと思うかもしれません。
確かに、支払う保険料や受け取る解約返戻金、保険金は米ドル建を日本円に換算するので変動します。


でも、そのコワさを払しょくするような大きなメリットがあるわけです。
それは、米ドルという高金利通貨による運用です。


同じ保障金額の終身保険の場合、日本円よりも米ドルの方が保険料は安くなります。
また、高金利で効率的に運用できるので、解約返戻金(キャッシュバリュー)の貯まり方も全然違います。


いま円建の終身保険に加入しようとしても、解約返戻金が支払う保険料を超えるのは時間がかかることでしょう。
年齢によっては、支払う保険料が高いままということも十分にあり得ます。



保険料の支払い方法


ソニー生命において1回目の保険料支払ではクレジットカードが利用可能です。
但し、2回目以降については口座振替のみになっています。

参考リンク
ソニー生命の保険料をクレカ払いする裏技

為替手数料が1銭という圧倒的なメリット


ソニー生命の外貨建保険の特徴は?と聞かれたら一番に出てくるのは為替手数料でしょう。


上の文章において、米ドルは保険会社が準備してくれると話しました。
但し、無料ではお伝えしていません。そこで必要なコストが為替手数料です。


でも、安心していただきたいことはソニー生命の為替手数料はとても良心的です。
なぜなら、たった1銭。日常生活では使わない単位が出てきましたね。


では他の保険会社と比べてみましょう。


保険会社 2回目以降の保険料支払
ソニー生命 1銭
ジブラルタ生命 50銭
プルデンシャル生命 25銭
PGF生命 50銭
マスミューチュアル生命 50銭
マニュライフ生命 50銭
三井生命 25銭
メットライフ生命 50銭


ソニー生命が圧倒的ですね。

参考リンク
外貨建て保険の為替手数料を徹底比較



前納時の保険料支払い方法


前納とは、保険料支払いタイミングの到来していない保険料を前もって支払うことです。
手元にお金があれば、先に支払うことができるわけですね。


もちろんメリットがあります。
前納することによって、割引が適用されて安くなります。ほんの1,2%ですが金額が大きければお得ですね。


さらに、ソニー生命には大きな特徴があります。
通常、外貨建て保険であれば、前納時の通貨は外貨で支払うことになります。


米ドル建であれば米ドルを、豪ドル建であれば豪ドルが必要になります。
ところが、ソニー生命では日本円で支払えるわけです。


これって実はすごいことなんです。
なぜなら円高時に前納することによって、将来支払うべき保険料を安く抑えることができるからです。


そういった為替レートを見ながら、保険料の支払いタイミングを見計らうといいでしょう。

参考リンク
保険料が割引になるサービスや仕組み



ソニー生命「米ドル建終身保険」のデメリット


ここまでソニー生命の魅力的なメリットを紹介してきました。
最後に、デメリットも解説しますね。


保険料の支払い期間について10年以上を選択していまうと、他のプルデンシャル生命やジブラルタ生命の方が予定利率が高くなることです。
ここで予定利率という言葉が初めて登場しました。


これは、先ほど説明したような、保険に設定されているような金利と考えてもらえばいいでしょう。
予定利率が高ければ高いほど、効率的に運用できます。保険料は安くなり、解約返戻金はグングンと貯まっていきます。


ちょっと話しを戻しますが、ソニー生命では保険料の支払い期間にかかわらず一律で予定利率が設定されています。
一方、他の保険会社では支払い期間の長い契約については、より高い予定利率となっているわけです。


もし運用目的で短期払い(3年と5年)を選択するのであれば、どちらの予定利率も変わらないのでデメリットはなくなりますね。

参考リンク
ソニー生命「米ドル建特殊養老保険」
ソニー生命「変額保険」の保険料をクレカ払いする方法
ソニー生命「変額保険」だけが持つ運用益の引出し機能
ソニー生命で可能な保険料の支払い方法

【PR】有料noteで、外貨建て保険をつかった資産運用を公開中




このブログの他にも、有料noteで副収入を手に入れる方法を紹介しています。


「今もらっている給料に、あとプラス5万円ほしい!」 


そう思っている人には、ピッタリの内容です。作業は毎日たった数分間スマホを操作するだけ。


外貨建て保険に加入している、今後加入を検討している人はぜひ読んでみてくださいね。

外貨建て保険で資産運用@note