保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

マニュライフ生命「こだわり外貨終身」の特徴やメリット・デメリットを紹介。タバコを吸わない人なら保険料が割安!

f:id:hokenmania21:20180808075926p:plain


こんにちは、保険マニア(@hokenmania)です。


これまでは事業保険に力を入れてきたマニュライフ生命


しかしながら、円建ての運用環境の厳しさなどから、ついに個人保険にも進出しました。


後進なので厳しいかと思われましたが、販売した外貨建て保険が大人気。


特に、「こだわり個人年金」は乗合代理店に限らず、銀行などでも販売が好調のようです。


www.hokenmania.net



今回は外貨建て保険の中でも、「こだわり外貨終身」について特徴やメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。



メットライフ生命「ドルスマート」との違い


f:id:hokenmania21:20180808080344p:plain


こだわり外貨終身は、積立利率が変動するタイプの外貨建て終身保険です。


同じようなタイプで今一番売れている保険は、メットライフ生命の「USドル建終身保険 ドルスマート」


ドルスマートの詳細は今回は省略しますが、下記リンクにて紹介しています。


www.hokenmania.net


今回は、この2つの保険を比べながら、どういった特徴があるのか整理していきます。


選べる通貨が米ドルと豪ドルの2種類


f:id:hokenmania21:20180731182427j:plain


まず分かりやすい特徴として、こだわり外貨終身の通貨は米ドルと豪ドルの2種類


ドルスマートでは米ドルのみなので、通貨を分散できるのはメリットですね。


さらに豪ドルは米ドルに比べて、一般的に積立利率が高いので、高い利回りを追求できます。


「米ドルよりももっと利回りを追求したい、通貨を分散したい」という人にとってはおすすめのポイントです。


タバコを吸わない人は保険料が割安


No smoking



次は、保険料を見ていきましょう。


ドルスマートには、通常プランに加えて、低解約返戻金プランという保険料が安くなるプランがあります。


一方、こだわり外貨終身には、保険料が安くなるノンスモーカー割引があります。


f:id:hokenmania21:20180808084239p:plain


保険料が約10%ぐらい安くなりますので、タバコを吸わない人はおすすめです。


保険料払込免除になった場合の手当てがすごい!


Iconscollection - Exclamation Mark


保険には独自の仕組みがいくつかあります。


その内の1つが、保険料払込免除特約


いくつか種類がありますが、この二つの保険に付加できるのは『特定疾病保険料払込免除特約』になっています。


特定疾病と言われて分かりづらいと思うので、いわゆる「ガン・急性心筋梗塞・脳卒中」のことです。


所定の状態になった場合、それ以降の保険料を支払う必要がありません。


さらには保険料を払わなくても、保険の契約は継続され、解約返戻金(キャッシュバリュー)は保険料を払っているかのように増えていきます。


ここまでが、通常の保険料払込免除特約。


こだわり外貨終身の優れている点は、ここからです。


保険料を払わなくてもいい点は同じですが、同時に解約返戻金(キャッシュバリュー)が一気に立ち上がります。


つまり、そのときに解約すれば、支払った保険料以上に解約返戻金を受け取れます。


どれくらい増えるかのイメージは次を見てください。


f:id:hokenmania21:20180808081327p:plain


上記のような状況のとき、通常時の返戻率は87%、所定の状態に該当した場合は170%と一気に跳ね上がります。


お金が必要なときに、支払った保険料よりも増えて受け取れることは契約者にとって安心できる仕組みでしょう。


利用可能なクレジットカードの種類


Amex Card



また支払い方法もちょっと異なります。


保険料は毎月支払うので、できればクレジットカードで支払いたい、そしてポイントを貯めたい人は多いかと思います。


実は、この2つの保険もちゃんとクレカ払いできます。


しかしながら、ドルスマートの場合はちょっと注意が必要です。


なぜなら、クレジットカードブランドの中でも、「JCB」のみが対象となっています。


一方、こだわり外貨終身であれば、アメックスやVISA、マスターカードなども可能です。


どうしてもアメックスで払いたいという人は、ドルスマートでは対応していないので注意してくださいね。



保険会社で異なる為替手数料


money


最後は、為替手数料です。保険料を支払う場合と保険金などを受け取る場合で変わってきます。


まずは保険料支払う場合。メットライフ生命は1円(初回保険料のみ50銭)に対して、マニュライフ生命は50銭


つぎに、保険金や解約返戻金、貸付金などを受け取る場合、メットライフ生命は50銭、一方マニュライフ生命は通貨によって異なり、米ドルが1銭、豪ドルが3銭


これは、明らかにマニュライフ生命の方が安いですね。


積立利率はドルスマートの勝ち!


ここまで、こだわり終身保険のおすすめポイントばかり紹介してきましたが、ドルスマートにも人気の理由があります。


それは、「積立利率の高さ」でしょう。


積立利率とは、保険の解約返戻金や保険料を決めるための重要な数値です。この数値が高ければ高いほど、契約者にとってメリットがあります。



最初にもお伝えしましたが、この2つの保険は積立利率が変動するタイプ。


ところが、この積立利率の計算は各社によって異なります。


メットライフ生命は運用実績に基づき毎月見直される一方で、マニュライフ 生命は過去の積立利率が平均された数値が適用されます。


平均化されることで急激な変動を抑えることができます。


積立利率が下がり続けたらどうなるか心配に思う人がいるかもしれません。


安心してください。ちゃんと最低保証されています。


マニュライフ生命では最低保証された積立利率が1.5%に対して、メットライフ生命は3%であることが人気の理由かもしれません。

まとめ


このように見ていくと、いま代理店で人気のある保険はメットライフ生命のドルスマートですが、マニュライフ生命も負けてはいません。


おすすめのポイントは次のとおりです。




・選べる通貨が米ドルと豪ドルの2種類
・タバコを吸わない人は保険料が割安
・保険料が免除された場合、解約返戻金が激増
・利用できるクレジットカード種類の多さ
・メットライフと比べて割安な為替手数料


逆にメリットはたくさんあります。まぁそこはいろんな事情があるのでしょう。


もし外貨建終身保険を検討しているようでしたら、マニュライフ生命のこだわり終身保険も検討してみてくださいね。





【PR】有料noteで、外貨建て保険をつかった資産運用を公開中



このブログの他にも、有料noteで副収入を手に入れる方法を紹介しています。


「今もらっている給料に、あとプラス5万円ほしい!」 


そう思っている人には、ピッタリの内容です。作業は毎日たった数分間スマホを操作するだけ。


外貨建て保険に加入している、今後加入を検討している人はぜひ読んでみてくださいね。


外貨建て保険で資産運用@note