保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

【裏技】明治安田生命「じぶんの積立」をクレジットカード払いに変更する方法。クレカ払いのポイントと生命保険料控除で効率的に節税!

f:id:hokenmania21:20180429162725p:plain



このブログでは、何度か明治安田生命の「じぶんの積立」をご紹介してきました。


www.hokenmania.net


契約後いつ解約しても支払った保険料分は全部戻ってくるので、貯金するぐらいだったらおすすめです。


さらに、10年間持っていれば、103%まで増えるので、銀行預金で寝かしておくぐらいだったら、じぶんの積立に加入したほうがマシかもしれません。


今回は、次のツイートについて解説します。



保険に何も加入していないのであれば、じぶんの積立は絶対に入るべき商品です。もし加入しなければ、お金を捨てているようなものです。


保険に複数加入しているような私でも、銀行に預けておくぐらいであれば加入したほうがいいかなと思っています。




保険料の支払方法をクレジットカードに変更する方法


rainbow of credit


では早速、本題に入ります。


「じぶんの積立」の契約書類を見ると、保険料の払込方法は「口座振替」のみになっています。


f:id:hokenmania21:20180429163257p:plain



これをどうやってクレカ払いに変更するかというと、実はもう少し詳しい解説が次のページにあります。


f:id:hokenmania21:20180429223517p:plain


実は、先ほどの払込方法は契約時に選択できる方法でした。そして、今回は2回目以降の支払い方法です。


詳しく見てみると、口座振替のほかに、「送金扱い」に変更できます。これが今回クレカ払いに変更するための肝ですね。


送金扱いへの変更は、コールセンターに電話すれば手続きしてくれますので、クレカ払いにしたいという人は連絡してみてくださいね。


送金扱いを選択すると、保険会社からは払込取扱票が送られてきますので、これをセブンイレブンでnanacoカードを使って払うことができます。


nanacoへのチャージはnanacoギフトをクレジットカードで購入できるKiigoがおすすめ


nanacoカードへのチャージ方法はいくつかありますが、私のおすすめはnanacoギフトが購入できる「Kiigo」です。


nanacoカードにチャージできるクレジットカードはいくつかありますが、楽天カードは支払ってもポイントが貯まりません。


一方、Kiigoでは楽天カードをつかってnanacoギフトを購入でき、さらに楽天ポイントもしっかり貯まります。


ただし、利用できるカードブランドは「Visa」と「Mastercard」のみ


Kiigoでのnanacoギフトの購入方法から注意点を下記リンクにまとめています。


www.hokenmania.net

楽天カードを利用すれば、楽天ポイントが加速度的に溜まり、投資信託を購入できます

楽天カードであれば、カード利用によるポイントも貯まりますが、それ以外のキャンペーンによるポイントも加速度的に積みあがっていきます。


私が定期的に参加して、もれなく楽天ポイントのキャンペーンは下記リンクで紹介していますので参考にしてみくださいね。


www.hokenmania.net


生命保険料控除を活用することで、所得税と住民税をガッツリ節税


クレカ払いでポイントが貯まるだけではなく、「じぶんの積立」は一般生命保険料の控除枠を使うことができます。


詳細はここでは省きますが、年収によっては支払った保険料の20~30%くらいは還付されます。結構大きいですね。


www.hokenmania.net





まとめ


「じぶんの積立」に入るべき理由を3つのポイントで紹介します。



・クレカ払い(1~2%ポイント獲得)
・生命保険料控除枠の活用(20~30%の還付)
・いつ解約しても100%の返戻率で最大103%


これだけ見れば、何も保険に入っていない人はとりあえずこの「じぶんの積立」だけには入るべき。


自分なんかは保険料控除枠をガッツリ使っているけど、それ以外のクレカ払いと返戻率でも十分に満足です。


今のところ特に大きな買い物の予定はないですが、もし必要になれば解約すれば最低でも支払った保険料は返ってくるので、銀行に預けるくらいならマシかなと思っています。


唯一残念なことは一人2万円までしか入れないことですが、十分でしょう。とりあえず家族分契約することをおすすめします。



楽天カード(公式サイト)