保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

個人年金の受取方法の一つである終身年金とは?知っておくと、お得な受取り方法や確定年金との違いを紹介!

f:id:hokenmania21:20180422160747j:plain


こんにちは、保険マニア(@hokenmania)です。


皆さんは、個人年金の受取り方法には、種類がいくつかあるのをご存知でしょうか。


今回は、受取り方法の中でも、知っておくとお得な「終身年金」について解説していきます。



年金の受取り方法の種類


まず個人年金の受取り方法は大きく分けて、次の3通りです。


・一括受取
・確定年金
・終身年金

一括受取


一括受取は名前のとおり、満期時にまとめて受け取る方法です。まとまった資金が必要なときには便利な受取り方ですね。

確定年金


次に紹介する確定年金は、字のごとく定まった期間にわたって、年金を受け取ることができます。


一括受取と違って、確定年金の場合の受取り回数は複数回です。さらにトータルの受取金額は、一括の場合と比べて、多くなります。銀行に預けていても全く増えないぐらいであれば、年金形式で受け取ることで金額が増えるのであればお得ですね。


確定年金で受け取りたい場合は、満期になったときに契約者が請求書の中で決めることができます。保険会社の商品によって異なりますが、確定年金の期間は5年から5年刻みで20年まで選択できます。


確定年金の期間が長くなればなるほど、一回あたりの金額は少なくなりますが、トータルでの受取は多くなります。つまり、20年を選んだ場合にトータルでの受取金額が一番多いわけです。


でも、そんな確定年金にもデメリットがあります。それは、年金を受け取れる期間が定まっているだけに、受取期間が終了してしまえば、もちろんその後の受取りは無くなってしまいます。寂しいですよね。


そんな確定年金のデメリットをカバーする受取り方法が、次に紹介する終身年金です。



終身年金とは?


f:id:hokenmania21:20180422162941j:plain


終身年金とは、こちらも読んで字のごとく、生きている限り年金を受け取ることができる方法です。


「そんなことして、保険会社は損しないの?」


と思うかもしれませんが、保険という金融商品は本当によくできています。保険会社にとっては長期間の運用が可能ですし、一方で新たに加入する契約者がいますので、こちらから保険料がどんどん入ってくるわけです。保険会社に出ていくお金よりも、入ってくるお金が多ければ、経営がつづくわけですね。

確定年金との違い


話しを終身年金に戻します。


終身年金を選択するのはいいけど、早く死んじゃった場合は損じゃないと思うかもしれません。だったら、確定年金を選んだ方がお得ですよね。


終身年金は、実は正式名称として、「保証期間付終身年金」となります。つまり、早くに亡くなったとしても、一定期間の年金は保証されていて、確定年金と同じように、年金は相続人にちゃんと引き継がれていきます。


であれば、終身年金の方がお得そうですが、あともう一つだけチェックしておきましょう。


それは1回あたりに受け取る年金の金額です。終身年金を選択すると、生きている限り受け取り続けることができるので、1回あたりの年金額は少なくなりそうだと思いますよね。でも、実はそんなに変わらないんです。


あと、終身年金ではもう一つお得に受け取る方法があります。それが次に紹介する、保証期間付夫婦連生終身年金です。


漢字ばかりで分かりづらいですが、実はすごい仕組みなので、解説していきますね。




保証期間付夫婦連生終身年金


この年金の受取方法は、保証期間付終身年金にもう一つの特徴が追加されています。


名前をよーく見てみると、夫婦連生とあります。


通常の終身年金では、契約者が生きている限り年金を受け取れる仕組みでした。一方、この夫婦連生では、一つの保険の中で、夫婦二人ともを被保険者にすることができるので、夫婦のどちらかが生きている限り、一生涯の年金を受け取ることができます。


これって結構、すごいことですよね?!


夫婦ともに亡くならない限り年金を受け取れますので、特に寿命の長い女性にとっては安心できる仕組みです。年齢差のある夫婦によって、年金額は異なりますが、一般的な例でいうと、確定年金も、終身年金も、夫婦連生終身年金も、一回あたりに受け取る年金額は大した差はありません。


であれば、個人ね金の受け取り方法は、もちろん終身年金がよくて、さらに夫婦連生を選択することができれば、夫婦で一生涯の保障を得ることができます。少しは安心できるでしょう。


今の時代、国による老後の年金はほとんど頼りにすることができません。自助努力をしていくしかないですね。そんなときに、このような終身年金の仕組みは一助となる可能性があります。



まとめ


個人年金には、満期時の受取り方法はいくつか種類があります。満期時に受け取り方法をえらぶことができますが、資金的にそれほど困っていなければ一番お得なで安心できる方法は、「保障期間付夫婦連生終身年金」です。夫婦で一生涯の年金を準備できますので、どちらかに万が一があったとしても、引き続き同額の年金を受け取ることができます。



参考リンク


終身年金の仕組みを持つ、個人年金が気になる方は下記リンクを参考に。


www.hokenmania.net

www.hokenmania.net