保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

募集停止中の「J-Stockアクティブ・オープン」をどうしても買いたい人へ。同じファンドマネージャーが運用するファンドはまだ買えます!

2017年2月に「カンブリア宮殿」に出演してから、1,000億円だった残高が直近では5,000億円に大膨張した「ひふみ投信」。


単に残高が大きくなるだけではなく、年率約45%(楽天証券)という圧倒的なパフォーマンスもちゃんと出しています。本当にすごいとしか言いようがありません。


そんな「ひふみ投信」ですが、同じように中小型株に投資し、よく比較される投資信託があります。時価総額30~1,000億円の中小型株に投資する「J-Stockアクティブ・オープン」です。


こちらのファンドパフォーマンスもまた40%超え(楽天証券)です。しかしながら、このファンドは、運用会社の都合上、新規の募集をストップしています。つまり、買いたくても変えないわけです。残念としか言えないですね。。。


ちょっと悔しいので、「J-Stockアクティブ・オープン」についてもう少し調べてみました。


スポンサーリンク



すると、同じマネージャーが運用する投資信託が、他に2つあります。



「ニッポン中小型株ファンド」
「大和住銀日本小型株ファンド」


しかもパフォーマンス実績も見劣りせず、それぞれ45%(楽天証券)、46%(大和住銀投信)とうリターン。というか、スゴすぎです。これだけスゴい結果を出しているなら、複数の運用チームが担当していそうなものですが、なんと同じなんです。しかも、一つのファンドがたまたま運用成績がいいと言うわけでもなく、3つすべてが他を圧倒する成績を残しています。


そのファンドを代表するマネージャーが苦瓜達郎さんです。もともと大和総研で中小型株の分析が専門で、その後大和住銀に転職されて今のポジションに。そんな苦瓜さんが最近、本を出しています。ひふみ投信の藤野さんの本も読んでいたので、早速Kindleで買って読んでみました。



本を読むのは大変だと思う方は、下記リンクだけでも読むことをおすすめします。投資をやっているなら、なんらかの気づきはあると思いますよ。


style.nikkei.com


本を読んでみて中でも一生に残ったページは、100円ショップのセリアに関する部分。

セリアはこれを大きく変えることに挑戦しました。POSデータに基づいて本部が店舗をコントロールすることで、店舗全体のレベルアップを図ろうという野望を抱いたのです。


最初にセリアが実施したのは、POSデータに基づいて分析した「売れ筋」の商品を本部主導で店舗に送り、それを本部の指示通りに並べる実験的な店舗をつくることでした。


すると、熟練の店長の判断で商品を入荷し、陳列していた店舗と比較して、本部主導の店舗のほうが明らかに売り上げがよいということがわかったのです。

成功した人や企業の話しを聞くと、たいていは結果のみ。途中の失敗やどのような過程を経て、成功モデルを見つけたのかまったく分かりません。このセリアの個所は、私の実体験にリンクする部分があり、また経営者が試行錯誤しなら、結果を生み出す過程が描かれいて、印象に残りました。こういったエピソードは、決算の数字からでは決して分からず、経営者との面談を通じてしか理解できません。投資の真骨頂です。


セリアへの投資体験に限らず、他にも実体験を通じた話題が盛りだくさんです。新書なので数時間あれば読めます。


スポンサーリンク




ちょっと話しを戻しますが、苦瓜さんの運用するファンドは今だと二種類買えます。ただ「大和住銀日本小型株ファンド」は大和証券でしか買えないので、 「ニッポン中小型株ファンド」の方がいろんなチャネルがあって購入しやすいと思います。


とりあえず購入したので、時間が経過したときにファンドのパフォーマンスを報告したいと思います。

参考リンク


ひふみ投信のパフォーマンス実績、投資哲学などについては下記リンクを参考に。


www.hokenmania.net