保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

ソニー生命「米ドル建終身保険」の特徴をご紹介。外貨建保険の中で、保険料の支払い方法と為替手数料で圧倒的におすすめです!

今まで保険会社のメインの保険商品は円建てでしたが、日銀のマイナス金利導入によって販売が厳しくなりました。
そこで、各社販売を開始したのが外貨建保険です。

いろんな外貨建保険がある中で、ソニー生命の「米ドル建終身保険」は、保険料の支払い方法と為替手数料でおすすめです。もちろん私も加入しています。


今回は、そんな米ドル建終身保険の特徴をご紹介していきます。


スポンサーリンク



米ドル建終身保険の特徴


商品の特徴として、商品名のとおり「米ドル建ての終身保険」となります。


終身保険なので、契約がつづいている限り、保障は一生涯つづく保険になります。
ソニー生命には販売する外貨建保険の種類としてもう一つあります。「養老保険」といって、この保険には満期があって途中で保障が切れますが、満期保険金という貯蓄できる仕組みがあります。


話しを戻しますが、米ドル建終身保険のもう一つの大きな特徴が、通貨が米ドル建になっていることです。
これはメリットでもありますが、デメリットにもなります。ここは大切なので、ちょっと詳しく説明していきますね。


通貨が米ドル建ということは、保険料を支払うときにも、保険金や解約返戻金を受け取るときもドル建てです。
米ドル建なので、米ドルで支払わなくてはいけないかというと決してそういうわけではありません。保険会社が米ドルを準備してくれますので、日本円で支払うことになります。


保険料を支払うときは、米ドルで固定されているので、円換算された保険料は変動します。
つまり、保険料を支払うたびに金額が異なるわけです。安ければいいですが、保険料が高くなるとイヤですね。


保険金や解約返戻金を受け取るときも為替の影響を受けます。
イメージとしては次の図のとおりです。


f:id:hokenmania21:20170918215007p:plain


このようなイメージを見ると、たいていの人は「外貨建保険はコワい」という先入観を持ってしまいます。
確かに為替の影響を受けて保険料などが動くのが怖いという意見も一理あります。そのリスクを負えなければ、そこで終わりとなります。


でも次のように、為替のリスクをしっかりと認識して、コントロールできれば大きなメリットを受けとることができます。
それが、「米ドルの高い積立利率(予定利率)」です。


そもそも日本円の利率が低いので、販売が厳しい状況になったわけです。
日本円にくらべると米ドルは順調です。しかも、より高い利率を提供してくれます。


積立利率が高いとどんな効果があるかというと、「死亡保険金を効率的に準備」できますし、「解約返戻金を複利で運用」していくことができます。
これは、同じような円建ての終身保険と比べてみれば一目瞭然です。本当にすごいですよ。


とここまでは一般的なお話をしてきましたので、ここからはちょっと深く紹介していきますね。



スポンサーリンク



日本円で前納できるお得な保険料の支払い


通常、保険料を支払う方法として、毎月(または毎年)、(一部)前納という方法を選ぶことができます。
外貨建保険においても、もちろんこの両方から選ぶことができます。


ここからがポイントですが、ソニー生命では契約期間中に前納したい場合でも、日本円で支払うことができます。
さらっとお伝えしちゃいましたが、これ結構すごいことです。


実は、外貨で前納できる保険会社はいくつかあります。
でも日本円を取り扱っているのはソニー生命だけです。


なぜ日本円で前納できることがすごいかというと、契約者は円高で保険料が安くなったときに払えるからです。


為替リスクがコワいという人の大半は、保険料が円安になって払えるか分からないからという理由を挙げています。
でも日本円で前納できたら、そういったリスクを少しは軽減できそうですね。


前納で日本円のまま支払うことができれば、1ドル100円を下回った段階など円高になったタイミングで、前納しちゃうのはアリですね。
ソニー生命って、本当に契約者目線だなって思います。


圧倒的に安い為替手数料


Money


為替手数料とは、「保険会社が契約者の代わりに、外貨と日本円を交換する際につかう手数料」です。
この手数料は、保険会社によって本当に異なります。


ソニー生命はどうかというと、「基準レート±1銭」で、保険会社の中で圧倒的に安い水準です。
手数料は個別に考えると決して大きくはないですが、継続的に払っていると高くなるので安いに越したことはないでしょう。


為替手数料の詳細は下記リンクにて紹介しています。


www.hokenmania.net


参考リンク


このブログ記事以外にも、保険や投資商品を独自の視点でご紹介しています。下記リンクも参考に。


www.hokenmania.net

www.hokenmania.net

www.hokenmania.net