保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

【徹底比較】定期保険で保険料が一番安い保険会社はどこ?高い保険会社だと2倍以上違ってきます。

「今払っている保険料を、少しでも安くできないか」
「保険料を安くして、家計の負担をちょっとはラクにしたい」


と考えている人向けに、この記事を書いています。
保険に加入するときは、自分にとって一番いい内容や安い保険を選んでいますが、時間の経過について保険会社はどんどん保険商品を提供していきます。


すると、今まで一番だったものが、そうではなくなり、いつの間にか「この保険って本当にいるの」と思ってしまいます。
わたし自身、保険は必要だと思えば入ればいいし、必要なければ、いっそのこと解約してもいいんじゃないかと考えています。だって使うことがないんだから。


でも、やっぱり保険が必要だなと考える人にとっては、一番いい保険に入りたいと思うのは当然です。
今回は、同じ保障の内容で一番安い保険会社はどこかということを調べてみたいと思います。



スポンサーリンク


対象の保険種類


Insurance


わたしがよく聞かれる質問の中に、「どこか安い保険ない?」というものがあります。
この「安い保険」というのがヤッカイで、保険という金融商品は、高い保険は高い理由があり、安い保険は安いなりの商品になっています。


代表的な保険の種類として、「終身保険」と「定期保険」があります。
終身保険は、一生涯の保障がつづき、解約したときにはもどっくるお金(キャッシュバリュー)があります。


一方、定期保険は定められた期間において保障がありますが、終身保険のように解約返戻金はありません。
よく掛け捨ての保険と呼ばれていて、終身保険の保険料と比べて、割安になっています。


今回、保険料の比較対象として、医療保険は含めず、死亡保障の定期保険のみを対象として比べてみたいと思います。

一番安い保険会社はどこ?


cheap


対象の保険会社は生命保険協会に載っている会社とします。
すべての保険会社の商品を調べてたいところですが、相談しない限り開示してくれない保険会社もありますので、分かる範囲で比べています。
といっても、インターネットで保険料を開示している会社はそれだけ保険料に自信があり、コストを最小限にしている証拠ですから、今回の比較だけで十分にカバーできていると思います。


また対象となる保険である、定期保険について、加入条件としては「保険金額1000万円、期間10年」とします。
保険会社によってはいろんな特約があるかもしれませんが、保険金額と期間だけをそろえて比べてみました。

30歳男性の保険料の場合


では早速、30歳男性で比べてみます。
順番は五十音順になっています。

保険会社 保険料 割引
アクサダイレクト 1,240円  
アフラック 2,400円 非喫煙
SBI 1,240円  
オリックス 1,310円  
チューリッヒ 1,050円 非喫煙優良体
メットライフ 1,140円 非喫煙優良体
メディケア 1,214円  
ライフネット 1,230円  
楽天 1,280円  

上記は割引を適用した保険料を記載


今まであまり比べたことがなかったのですが、このように比較してみるといろんなことが分かります。
ひとつは同じ保険金額でも結構な保険料の差があること、もう一つは保険料の割安さで見ると、やっぱりネット系の保険会社が多く占めていること。


比較の結果、一番安い保険会社は「チューリッヒ生命」で、月払いの保険料1,050円となります。
チューリッヒ生命といえば、「ハロ~、チューリッヒ♪」のCMで有名な自動車保険のイメージが強いですが、実は生命保険もがんばってるんですね。


とここで終わりたいところですが、実はもう一つあります。
以前、下記リンクで保険会社が提供するいろんな割引をご紹介しました。


www.hokenmania.net


この中で、ライフネット生命だけで提供する割引、au割引というものがあります。
auユーザーであれば、保険料の還付、実質的に割引がきく仕組みです。


先ほどの比較表では、ライフネット生命の保険料は1,230円でしたが、割引(200円分)を適用すると、1,030円となり、なんとチューリッヒ生命より安くなっちゃいました。
この割引はずーっと適用されるわけではなく、60ヶ月限定となり、さらにauユーザーである必要がありますが、保険料のお得という点では特筆すべき点ですね。



スポンサーリンク



40歳男性の保険料の場合


では次に40歳男性で同じように比べてみます。

保険会社 保険料 割引
アクサダイレクト 2,380円  
アフラック 3,440円 非喫煙
SBI 2,350円  
オリックス 2,414円  
チューリッヒ 1,720円 非喫煙優良体
メットライフ 1,800円 非喫煙優良体
メディケア 2,351円  
ライフネット 2,174円 au
楽天 2,400円  

上記は割引を適用した保険料を記載


今度はライフネット生命についてau割引後の保険料を記載しました。


40歳男性で、一番安い保険料は「チューリッヒ生命」となります。
対象年齢が変わると、保険会社によっては保険料の変動がけっこうあるなという印象です。


www.hokenmania.net



じゃあ、「自分で年齢で一番安い保険は?」と思う方がいるかもしれません。
ご興味もたれた方は、いつでもご連絡下さい。


コメント頂いても結構です。承認制ですので、すぐには反映されません。

まとめ

今加入している保険料を安くしたいと思っても、保険会社一つ一つのホームページを調べていくのは結構な労働力です。
調べるのは大変ですが、保険料を安くしたい人にとっては十分なリターンがあるはずです。


来年4月には生命表の変更で、保険料が安くなると思います。
またそのときに、保険料を比較してみたいと思います。お楽しみに。


参考リンク


このブログ記事以外にも、保険や投資商品を独自の視点でご紹介しています。下記リンクも参考に。


www.hokenmania.net

www.hokenmania.net

www.hokenmania.net