保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

【体験談】「モゲチェック・プラザ」を利用して最高520万円もの住宅ローンの削減事例も。


保険には「ほけんの窓口」があるように、住宅ローンには「モゲチェック・プラザ」で、さまざまな銀行が提供する住宅ローンを比較することができます。


下記の記事でメリットをまとめていますので、よかったら参考にしてみてください。


www.hokenmania.net



今回は、メリットばかりに思えるこの「モゲチェック・プラザ」について、実際に利用した方の声を聞いてみたいと思います。


「本当にメリットあるのか?」
「相談したら、やっぱり借り換えなきゃいけないのか?」


今回は、そういった疑問を持っている人にぴったりの内容になっていると思います。

相談したけど、最終的には「住信SBIネット銀行」から借り換えなかったAさん


home yellow


住宅ローン借り換えの際には、自分なりにいろいろ調べて最も条件が良いと感じた銀行で契約しましたが、時代も変わり次々に新しい住宅ローン商品が登場しています。
ところが、多くの商品を一つ一つ詳細を調べるのには時間もかかり面倒なため、有利だとは分かっていてもなかなか作業に手を付けることができません。


実は、3年ほど前に少しでもメリットがあるならと考え、借り換えを検討したことがあります。
しかしながら、その時には残念ながら借り換えによるメリットがあまり享受できそうになかったため断念したことがありました。


いずれにせよ、一人でやるにはなかなか難しいため、専門家に相談して検討したいと以前より考えていました。
そんな折に目にしてのが「モゲチェック・プラザ」です。


勤務先のすぐ近くにオープンしたため存在を知ったのですが、ホームページなどで見てみるとなかなか専門性が高そうです。
利用者の状況が住宅ローンの残高2,000~3,000万円の方が中心で、平均480万円の削減に成功しているという触れ込みでした。


わたしの場合には住宅ローンの残高が軽く4,000万円をオーバーしており、「住信SBIネット銀行」でネット専用銀行の変動金利で借りていましたので、約500万円も削減ができることは到底無理だろうと思ってはいました。


しかし、成功報酬の手数料20万円を支払っても、100万円前後の削減ができるのであれば儲けものということで一度相談してみようと思いました。


何より、自分でやる面倒さを考えるとプロに任せられるというメリットは大きいですし、プロに相談しても借り換えにメリットがないということであればあきらめもつきます。
申込はホームページから簡単にできました。これは非常に便利なサイトです。


ホームページ上のタイムテーブルから定休日を除いた10時・13時・16時・19時から空いている時間帯に申込むことができます。
わたしが見た時には比較的空いていたので、善は急げで翌日19時に申込みました。
当日はいつもより少し早めに会社を出て19時前には到着しました。


結論から言うとある程度予想をしていた通り、わたしの場合にはすでに条件の良いネット専用銀行で変動金利を利用しているということで、期待していたような借り換え提案を受けることはできませんでした。


他のネットバンクで借り換えて毎月の返済額を少しだけ増やすだけでも大きく利息負担を減少できるという提案を受けましたが、現在利用している銀行ではいつでも手数料無料で1円単位で繰り上げ返済ができるため、積極的に繰り上げを利用しているため魅力を感じることはありませんでした。


どちらかというと、通常の銀行住宅ローン、フラット35をはじめ信金や労金などを利用している人の場合には大きなメリットがあるようです。
すでにネット銀行で住宅ローンを借りている場合には大きなメリットは期待できないのかもしれません。


担当者は私よりはだいぶ若そうな方でしたが、専門性は高く、懇切丁寧に説明していただきました。
あまり良い提案ができなくて申し訳ないというような感じで、こちらのほうが恐縮してしまいました。
ただし、わたしの経験上、自分で借り換えを検討するというのは非常に体力を必要としますので、無料でプロに相談できるというサービスを利用して損することはないと思います。


MR.住宅ローンREAL「住信SBIネット銀行」

何度も相談して、合計350万円もの住宅ローンの削減を勝ち取ったBさん


3D Realty Handshake



大宮に戸建ての家を建てて、東京に毎日通うようになって15年が経ちます。
それまでは都心の賃貸マンションに住んでいましたが、戸建て欲しさに郊外に家を購入しました。


当時、戸建てを購入する際には、サラリ-マンの特典を利用して、ロ-ンを2本組んで3,000万円を借り入れました。


住宅ローンの一つが、住宅金融公庫(現在のフラット35)で、もうひとつが民間の銀行からです。
当時、住宅ロ-ンを組んだときは、一番金利の安い銀行を選んだつもりでしたが、それから15年が経過し、金利が大きく下がっている状況を見ていると諸費用を考えても、借り換えのメリットが出るのではと思いました。


まず最初に行ったことは、勤務先の三菱東京UFJ銀行での住宅ローンの試算です。
ローンの返済表を持っていくと、試算の結果、1,400万円ほどの住宅ローンが1,150万円まで減少することが分かりました。


これは借り換えのメリットが大きいということが判明しました。
このとき、借り換えの決意が固まります。


ただ、その時点で他の銀行はどうかということが頭の中をよぎり始めました。
たまたま近くにある銀行を訪ねてみても、それなりの金額を圧縮できることがわかり、さらに返済する金額を減らすことができるのではと欲が出てきました。


銀行では、書類やホームページを通じて、借り換え時の金利を公表しています。
銀行ごとに、借り換え費用などが設定されていて、これが結構バラバラであることがわかりました。


銀行を一つずつ回るしか方法はないのかなと思っていた時に見つけたのが、「モゲチェック・プラザ」です。


生命保険や自動車保険では「ほけんの窓口」で、相談者に有った一番良い保険を紹介してくれます。
住宅ローンの借り換え場所として同じような役割を果たすのが、「モゲチェック・プラザ」となります。


「ほけんの窓口」では、相談料とはすべて無料になっていますが、モゲチェックでは成功報酬としてコンサル料金20万円が発生します。
わたしは、この成果に対してはしっかりとお金を払うことは大切かなと思っています。


わたしはモゲチェック・プラザ銀座にお世話になり、何度も通いました。
応対していただいたスタッフの方も、成功報酬ということで一生懸命に各銀行ごとの試算をしてくれました。彼らも一生懸命です。


結果的に、大体350万円ほど返済費用を圧縮することができました。
もともとフラット35から借りていた住宅ローンをりそな銀行ともう一つの銀行のどちらかでという提案を受けました。


現在、りそな銀行がわたしたちのメインバンクになっていたので、借り換えもりそな銀行にまとめることにしました。
総額で350万円、賞与月は別にして毎月が11,000円ほども返済金が減らすことができたので、本当に満足です。


スポンサーリンク



相談しないなんて損。アプリから始めて520万円削減できたCさん


Loan


我が家が、住宅ローンの借り換えを実行したのは2017年5月です。
もともと借入金額は2,500万円ほどあり、残り24年間にわたって、ゆっくりと返済していく予定でした。


我が家には小さな子供が2人おります。
家計の状況はヒドく、毎月赤字に近い状態です。


毎月の家計簿とにらめっこしても、減らせるものって本当にありませんでした。
家計から何を減らしたらいいんだろうと思っていたときに出会ったのが、「モゲチェック」というアプリです。


さっそくアプリを利用しようと情報入力してみると、今の金利よりも最大2%も下げるという内容が書いてあります。
当時、借りていた住宅ローンは中央ろうきんです。


アプリの結果によって、おおよそ毎月2~3万円の節約になると思い、早速相談に伺いました。
担当者はとても親切な方で、無知なわたしに分かりやすく丁寧に説明してくださり、とても安心できました。


しっかりとアドバイス頂き、審査の申し込み手続きも代行してもらいました。
手数料は25万円と高額でしたが、完全な成功報酬制で十分な借り換えメリットが得られなかった場合は料金が発生しないとのことで、安心してお願いできすることができました。


借り換えた銀行はみずほ銀行で、大手銀行だったということもあり、すぐに書類も揃い、無事借り換えに成功しました。
手数料を入れても520万円の支払い削減ができました。本当に満足しています。


実は何社か候補に挙がっていたのですが、事細かに調べていくと、みずほ銀行の方が団体信用生命保険の内容が良いということがわかりました。
金利は固定から変動へと変わり、いろいろとリスクはありますが、とにかく子供が幼稚園のうちが一番お金がかかるので、その期間だけでも安い金利で家計の負担が軽くなればと思ってます。


今まで、住宅ローンを変えるなんて考えてもみませんでした。
2年前に固定金利に変更したばかりなので、このままずっと何も考えずに払い続けようと思っていましたが、変えてみて良かったと思います。


結果的に、毎月2万弱の節約は本当に効果が大きいです。
書類を揃えるために、平日のどこかで休む必要があり、少し面倒でしたが、逆に言えば一日相談に行って、一日書類を揃えるのに会社を休んだだけ。
それだけで、住宅ローンの支払いを抑えることができるなんて、とてもメリットは大きかったです。


マイナス面ははまったくないと思います。
どうして皆さんは、借り換えしないんだろう?という素朴な疑問を銀行の方に伝えてみたのですが、面倒だったり、借り換えをすることで簡単に利益が出ることを知らない方が多いとのことでした。


借り換えで浮いたお金は、今までなかったお金と思ってそのまま貯蓄しています。
できれば数年くらい貯めて、将来的には憧れの繰り上げ返済で早めに完済したいです。



スポンサーリンク


友人夫婦の体験談を参考にモゲチェックを利用したDさん


Apartment



わたしは30代女性で商社で事務職をしております。
サラリーマンの夫と結婚してすぐに新築のマイホームを購入しました。


購入後1年が経ったころに、ふとしたきっかけで「モゲチェック・プラザ」で住宅ローンを診断してもらうことになりました。
それは私たち二人に子どもができたことです。


もともと子どもは望んでいましたが、思ったより早くできました。
これから子どものためにたくさんのお金がかかることを考え、まずは家計の節約をしようと夫と相談していました。


節約のため、光熱費や食費を切り詰めることも一つの考えですが、家計で固定でかかってくる費用を見直そうという話しになります。
そこで、節約の対象になったのが住宅ローンです。


当時、住宅ローンを借りていた銀行は三井住友銀行です。
しかし、よく考えるとなぜその銀行に住宅ローンを借りているのか明確な理由はありません。


たまたま夫婦二人とも三井住友銀行に口座を持っているというだけで、他には理由はありませんでした。
そこで、わたしたちと同じように住宅ローンを借り換えた友人夫婦の話しを聞くことになります。


実は彼らもわたしたちと同じように子どもが出来てから住宅ローンの借入先を換えています。
その決め手となったのが「モゲチェック・プラザ」による診断だったということです。


彼らの体験談によると、モゲチェックでは住宅ローンの無料診断を行ってくれるということで、さっそく申し込みをしました。
診断では無料であるにもかかわらず、こちらの要望にそったさまざまな資料や情報を提供してもらうことができました。


まず、わたしたちの世帯収入や日々の支出について担当者にお伝えしました。
その情報をもって、担当者はどの金融機関で借り換えることが良いのか、アドバイスを提供します。


診断の結果、わたしたちは「じぶん銀行」に借り換えることにしました。
決め手は私たちがauユーザーで、特典が多かったことです。


住宅ローンを借り換えたことで、一月あたり約1万円も節約でき、家計は本当に助かっています。
診断は無料で、かつしっかりと時間をとりながらアドバイスいただいたので、モゲチェックの担当者には感謝しています。おすすすです。


スポンサーリンク



地方在住でもしっかりと約450万円も住宅ローンを削減できたEさん


20150612 Hokkaido 9


みずほ銀行で住宅ローンを組んだとき、今の日本経済を考えると、過去10年20年の金利を見ても、固定金利の方が得だというアドバイスを受けました。
そのアドバイスを信じて2007年に借り入れたのが、3,800万円(期間30年)の住宅ローンです。


頭金は1,200万円、残りの金額2,600万円を金利3.13%で借り入れました。毎月の返済額は11万円です。


最初は、こんなものなのだろうと思って返済していましたが、金利がみるみるうちに下がってきました。
さらに下がってくるので、このまま銀行の言いなりになって返済していっても大丈夫かなと思ってきます。


そのうち、住宅ローンの返済を見直すことで、子どもが行きたがっていた体操教室に通わせることができるのではと欲が出てきます。
しかし、住宅ローンを乗り換えるにしても、どこに乗り換えたらいいのか分かりません。しかも手続きが面倒です。


そんな時、モゲチェックプラザのことをインターネットで知りました。
まだ、できたばかりの会社ですが、120もの銀行から住宅ローンの専門家が適切な住宅ローンを選び出してくれる、というサービスに興味を持ちました。
しかも、診断までは無料というコピーも惹かれました。


無料で利用できるアプリを通じて、何度もシュミュレーションしたり、チャットで質問できたことは本当に便利な機能です。
わたしは北海道に住んでいるので電話による診断を受けましたが、パソコンによるビデオ通話でも、しっかりとコンサルしてもらうことができました。


ビデオ電話で対応して下さった男性スタッフの方は、私がしつこくあれこれ質問しても嫌な顔一つせずに、丁寧に説明して下さいました。
また、仕事で夜間にしか対応することができなかったにもかかわらず、対応して頂くことができてとても助かりました。


モゲチェックプラザで相談した結果、三井住友銀行の住宅ローンに乗り換えることになります。
変動金利型に変えて見直しをすると、毎月の返済額を11万円から約10万円弱に減らすことができました。


毎月の返済額がもっと安くなるのかと思っていたので、少し期待外れな気もしましたが、残り20年で約450万円も浮かせることができたので納得しています。
車のローンも抱えているので、これだけ安くすることができれば十分です。


住宅ローンの乗換諸経費とモバゲチェックへの成功報酬で、約60万円かかりましたが、自分一人では分からないことだらけだったので、よい取引ができたと思っています。
毎月の返済額を抑えることができるようになったので、子供の学習塾や体操教室などにかかる費用に悩まさることもなくなりました。



スポンサーリンク



まとめ


体験談を読んでいただき、今自分が借りている住宅ローンはどうなんだろうと思った方は、まずは「電話による相談」でもいいので、ぜひ銀行からいい条件を引き出してくださいね。


「電話による相談」はこちらから↓

モゲチェック・プラザ