保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

「契約者貸付」とは?富裕層だけが知っている資産を増やす仕組み!

「契約者貸付」とは、ひとことで言うと保険会社からお金を借りることです。
名前のとおり、生命保険の契約者が解約返戻金(キャッシュバリュー)をもとに、借り入れることができます。



スポンサーリンク



対象となる生命保険


もちろん解約返戻金がなければ、契約者貸付をおこなうことができません。
契約者貸付ができる保険種類の一例として、つぎのとおりです。


契約者貸付できる生命保険
・終身保険
・養老保険
・個人年金保険
・学資保険
・長期平準定期保険
・逓増定期保険など


契約者貸付できない生命保険
・(解約返戻金のない)医療保険
・家族収入保険など


借入可能な金額


Loan


生命保険を契約しているかといって、いくらでも借り入れできるわけではありません。
もちろん、借入可能な金額が設定されています。


保険会社のホームページを見ると、よく解約返戻金の一定金額までとあります。
一般的には、解約返戻金の80~90%の範囲で契約者貸付をうけることができます。


なぜ差が出てくるかというと、円建の保険であればあまり問題がないわけです。
時間の経過とともに、解約返戻金は増えていきますので、借入金額に余裕があります。


一方たとえば、変額保険や外貨建保険になると、運用状況や為替によって解約返戻金が影響を受けることになります。
なので、借入可能額を解約返戻金の80%とすることで、ある程度のバッファーを持っているんですね。


また一日で引き出せる金額も、保険会社によって異なります。
100万円のところもあれば、200万円という保険会社もあります。
契約者貸付を検討するようでしたら一度、保険会社に確認してみるといいでしょう。


契約者貸付の利率


Bank Rates


いくら保険会社から借入ができるといっても、やっぱり気になるのは借りるときの「利率」ですね。
これは、保険商品の種類や加入したタイミングによって大きく違います。


というのも、保険には「予定利率」という死亡保険金や解約返戻金を計算するために契約者に約束する重要な数字があります。
その予定利率は、経済環境によって影響を受け、例えば、いまですと予定利率はかなり低い状況になっています。


一般的に、契約者貸付をおこなう際の利率は、「予定利率+1~2%」といったところです。
銀行カードローンや消費者金融の金利にくらべれば、全然ひくい水準なんですね。


すると、現在の環境下は予定利率が低く、借入利率も低くなることから、もしかしてお得だと思うかもしれません。
確かに、借入利率は低いんですが、解約返戻金(キャッシュバリュー)もほとんど増えません。


どちらがお得か判断しづらいですが、やっぱり解約返戻金は増えたほうが嬉しいでしょう。


スポンサーリンク



契約者貸付の請求方法


大きく3つあります。

・インターネット
・コールセンターに電話
・請求書の提出や送付


お金が振り込まれるタイミング


ATMs


最短で、請求日の翌営業日にお金が振り込まれます。
これは結構いいですね。


外貨建保険の場合は、円建とくらべて少し時間がかかりますが、ちゃんと2営業日後には振り込まれます。


借入目的と返済期限、担保の有無


銀行による融資とは異なり、すべて必要ありません。
担保については、実質的にはいらないですが、保険の解約返戻金が担保といえば担保かもしれません。


もしかして「契約者貸付をしている人が返済する前に死亡したらどうなるのか」と思う方がいるかもしれません。
たしかに借入は残ったままなんですが、契約者にはちゃんと保険もあるんですね。


すると、保険会社は死亡保険金額から、借入金額と利息を差し引いた金額を残された家族に支払うわけです。
保険会社としては、とりっぱぐれはないので、安心して契約者に貸付を実行できます。


また、先ほどのお金の振込タイミングでもみましたが、銀行融資とは大きく異なります。


銀行融資の場合、審査にあたって、さまざまな書類を提出し、審査に時間もかかります。
一方、契約者貸付の場合、保険に加入してれば、解約返戻金の範囲である程度で思うようにコントロールできてしまいます。


いつ資金が必要となるかわからない企業の経営者にとっては、本当にすばらしい仕組みです。


返済方法


Debt Payment


先ほど返済期限はないとお伝えしましたが、いつ返済しても大丈夫です。
全部返済でも、返せるだけ返していく一部返済も可能です。


外貨建保険の場合


外貨建保険は、円建商品とすこし違うところがあるので整理しておきます。
お金が振り込まれるタイミングがずれるのもその一つです。


あとは、手数料も発生する可能性があります。
なんの手数料かというと、「為替手数料」です。


外貨建保険なので、もちろん外貨で借り入れることもできます。
その際は、為替手数料は発生しません。


一方、日本円で受け取りたい場合は、為替手数料がかかってきます。
その手数料は保険会社によって異なり、1銭という格安の場合もあれば、25銭や50銭というところもあります。


あと返済するときも同じように手数料が発生しますので注意してくださいね。


スポンサーリンク



おまけ


“Limited Edition Prints by Damien Hirst: Thr-ser, 2012 (1-inch woodcut spot)” / Paragon Press / Art Basel Hong Kong 2013 / SML.20130523.EOSM.04002.SQ


世の中には、お金を借りる手段はいくつかあります。
不動産や株式、預金などを担保に銀行からお金を借りる方法や、なんの担保もなしに借金する銀行カードローンや消費者金融などがあります。


一般的に、お金を借りることはあまり良く思われていません。
たしかに、お金の返すあてもなく、なんの目的もなく、消費者金融から借りてしまえば、借金は増えていくばかりです。
最悪、自己破産してしまいます。


住宅ローンなんかも、借りた瞬間から、節約し、余ったお金を使って、繰上げ返済してしまうのは日本人の大きな特徴でしょう。


周りを見回してみると、実はこの借入をうまく使っている人たちがいます。


例えば、アメリカの学生は、学費がとても高いので、学生ローンを組みます。
いい大学にいって、いい会社に入れば、安定した生活が待っているわけです。
収入のなかからローンを返していけば良いですね。


ほかにも、富裕層はよく借入を活用します。
「お金を持っている富裕層がなんで借金するの?」と思うかもしれません。
たしかに不思議ですね。


富裕層というのは、実はうまく借入を使って、会社を大きくしたり、資産を増やしたり、今のポジションを作ったりしています。


つまり、お金を借りることの価値を十分に知っているわけです。
だからこそ、資産が増え続けるんですね。


あなたもお金を借りることに少し考えを変えてみませんか。


参考リンク


このブログ記事以外にも、保険や投資商品を独自の視点でご紹介しています。下記リンクも参考に。


www.hokenmania.net

www.hokenmania.net

www.hokenmania.net