保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

ソニー生命「変額保険」の追加を諦めている人へ。ファンドの変更で「グローバル・フランチャイズ」に投資できます!

このブログの中で何度かソニー生命の「変額保険」をご紹介しています。
ブログを見ている方の中には、既に変額保険には入っているけど、「世界株式型(グローバル・フランチャイズ)」以外を選択していて、追加で変額保険に加入する余裕なんて無いとあきらめている人はいないでしょうか。


実際、ソニー生命のホームページを見ると、「世界株式型」を選択しているのは全体の約4割(2016年11月末時点)で、他の6割は他の特別勘定(ファンド)を選んでいることになります。


これまで何度もグローバル・フランチャイズの運用の素晴らしさをご紹介してきましたが、まだまだ多くの人がこのファンドのすばらしさを知らないか、またはファンドの変更方法を知らなくて、グローバル・フランチャイズへの投資を諦めている可能性があります。


ということで、今回はファンドの変更方法をご紹介します。


New-York


ファンドの変更といっても、実は2種類あります。

  • 繰入比率の変更
  • 積立金移転


少し言葉が難しいので、これから説明していきますね。



スポンサーリンク




繰入比率の変更とは?


繰入比率とは、今後投資する資金(ファンド)の割合を決定することです。


ソニー生命の変額保険には、特別勘定(ファンド)が8種類ありますので、その中から全体が100%になるように1%単位で選択できます。
例えば、今まで「日本成長株式型」に全額繰り入れていれば、「世界株式型」を100%に変更できます。


この繰入比率の変更は、1年の間に12回まで無料でできます。
一度「世界株式型」に変更してしまえば、以降変更の必要はないでしょう。


ただし、ここで変更できることは、今後投資できる資金のみとなります。
では、今まで投資してきた資金は変更できないかというと、ちゃんと変更できる仕組みがあります。それが「積立金移転」となります。

積立金移転とは?


今までいくつかの特別勘定(ファンド)に投資してきた方であれば、そのファンドの運用状況によって運用成績が決まっているかと思います。
ただ、グローバル・フランチャイズの運用成績の素晴らしさを一度知ってしまうと、今までのファンドを辞めて全部グローバル・フランチャイズに変更したいという方も出てくるのではないでしょうか。
そんな方のために、「積立金移転」があります。


仕組みは単純です。


今までいくつかの特別勘定で運用されてきた資金を、すべて「世界株式型」に変更すればいいのです。
ただし、この変更ができるのは、変額個人年金保険、変額保険(有期型)、変額保険(終身)(契約日が2015年7月以前)となります。
なぜ全員が対象ではないかというと、契約日が2015年8月以降の変額保険(終身型)については、ファンド規制が入り、「株式型」、「世界株式型」、「世界コア株式型」、「日本成長株式型」の合計が50%以下となるように指定しなければならなくなりました。


ファンド規制が入ったからといっても、ご安心ください。
というのも、積立金移転を検討するほとんどの人がファンド規制前に加入し、関係がないからです。


今後、変額保険の加入を検討している人は、変額個人年金保険であれば、「世界株式型」を100%に選択できますので、安心して運用成績を見守ることができます。


投資信託であれば、ファンドの売買には、売買ごとに手数料が発生します。
変額保険の積立金移転も一種のファンドの売買になりますので手数料がかかりそうなところですが、ここでは手数料がかかりません。


また運用で利益が出ていたとしても税金を取られることなく、増えた分をそのままグローバル・フランチャイズに投資できるわけです。
これも本当にすばらしい生命保険の仕組みです。

「繰入比率の変更」や「積立金移転」の手続き方法は?


ソニー生命のWebサービスに会員登録している人であれば、インターネット上で変更できますし、登録していない方でも、担当者やコールセンターに電話すれば、手続きの書類を送ってくれます。
これで追加の資金なしに安心して「グローバル・フランチャイズ」に投資できますね。後は時間をかけて投資資金が増えるのを待つだけです。

参考リンク


上記でご紹介したソニー生命のグローバル・フランチャイズの運用方法が気になる方は下記リンクを参考にしてください。

www.hokenmania.net