保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

意外と使える都民共済や県民共済、ケガの多い子どもや病歴のある方にはおすすめ。何と言っても高い還付金率!

今までいろいろな生命保険や医療保険を見てきましたが、都民共済の存在を忘れていました。
というより、他の保険会社から販売されている保険の方が優れているものと勝手に思い込んでいました。


でも、資料を請求して内容を見てみると驚愕ものです。
全員が全員おすすめの保険ではありませんが、場合によってはとっても使えるし、役に立つなぁと思いました。


そんなふうに思った都民共済の特徴をご紹介します。


スポンサーリンク


生命共済「こども型」とは?


Family jump



都民共済と一言で言っても、いくつかの種類があります。
その中から今回は、①生命共済「こども型」と②生命共済「総合保障型・入院保障型」の2つを説明していきます。


生命共済「こども型」は名前のとおり、17歳までの子供が加入できる保険です。
保障内容は入院や手術、事故などによる高度障害や死亡にいたるまで多岐にわたります。
一つの保険の中でいろんな保障をカバーしてくれるのが共済の特徴です。


共済「こども型」の特徴の中でもおすすめの点が2つあります。


一つ目はケガによる通院を1日目から保障してくれます。
小学校にいくと子どもはどうしてもケガをつくって帰ってくるものです。


まぁいいかと思って家で処置するのもありですが、病院に連れていくとどうしてもお金がかかっちゃいます。
そういった要望に応えて、この保険では1日あたり2,000円を受け取ることができます。
2日連続で病院にいった場合は4,000円になります。


大人になれば病院にいくのを我慢しますが、子どもはそうはいかないでしょう。
サッカーや野球といったスポーツクラブに子どもを入れていたらぜひ入っておきたい保険です。


あともう一つおすすめの特徴が、第三者への損害賠償となります。
誰かに迷惑をかけたらその金額を保障してくれるものです。


キャッチボールをしていて窓ガラスを割ったり、デパートの商品を思わず割っちゃったりと、そういった偶然起こったことに対するリスクをカバーしてくれます。
しかも1事故あたり100万円です。


これである程度カバーできますね。


このように見てみると、保障が充実しているので保険料は結構しそうですが、なんと月々1,000円です。
掛け金を2倍の2,000円にすれば、保障も2倍になります。
必要に応じて、考えてもいいでしょう。


生命共済「総合保障型・入院保障型」とは?

Old Army Navy Hospital in Hot Springs, Arkansas


今では医療保険はさまざまな販売経路を通じて販売されるようになりました。
テレビをつければ医療保険のCMが流れているので、医療保険という存在は特段めずらしいものではないと思います。


ではなぜここで取り上げたかというと、実はこの都民共済に加入する際の告知書の内容が特徴的だったからです。
項目は下記のとおりです。

  • 現在、病気やケガの治療中である。または検査や治療が必要と指摘されている(健康診断や人間ドックなどで、検査や治療が必要と指摘された場合を含む)、もしくは検査中である。
  • 慢性疾患の診断を受けている、もしくは医師から治療をすすめられている。または慢性疾患が治ってから5年以内である。
  • 慢性疾患や中毒のため薬を常用している。
  • 過去1年以内に、病気やケガで連続14日以上の入院か、同じ病気やケガなどで20回以上の通院治療を受けたか、または過去3ヵ月以内に心身に異常を感じる症状や変調があった。
  • 手術を受け、治ってからまだ1年以内である。
  • 身体に残る障害や先天性の病気により、日常生活において他人の手助けを必要とする状態である。


これを見て多いぁと思う人がいるかもしれませんが、私のように様々な告知書を見ていると、これは圧倒的に少ないです。
上記の質問に対してすべてが「いいえ」であれば医療保険に加入できますので、もし他の保険に加入しようとして引っかかった人などはチャレンジしたほうがいいと思います。

都民共済の見逃せない大切なポイント


最後に、実は都民共済にとってとても重要なポイントがあります。
これは「こども型」「総合保障型・入院保障型」に限らず、すべての都民共済が対象となります。ポイントとは、


都民共済には「割戻金」という制度があります。
つまり、生命保険に入ると、保険料の一部が還付される仕組みです。


これはどういうことかというと、毎年加入者から保険料を集めて、給付金の支払事由が発生した人に対してお金を支払い、残ったお金は加入者に戻すという流れになっています。
したがって、毎年どれだけの人が給付金を受け取るかはわからないので、この割戻金は変動します。


直近の「こども型」と「総合保障型・入院保障型」の割戻率はそれぞれ約22%と約34%となります。
「こども型」は1,000円から、「総合保障型・入院保障型」は2,000円から入れますので、割戻率を考慮すると、昨年はたった780円、1,320円で必要な保障を得られたことになります。


これって本当に安いですよね。


医療保険をとりあえずって方や、ケガの多い子ども、病歴のある方などは本当に都民共済はおすすめです。
都民共済を前提に話しましたがこれは県民共済でも当てはまることです。
確認してみてください。


スポンサーリンク



参考リンク


このブログ記事以外にも、保険や投資商品を独自の視点でご紹介しています。下記リンクも参考に。


www.hokenmania.net

www.hokenmania.net

www.hokenmania.net