保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

サラリーマン家庭にとって最高の節税対策、はじめてのふるさと納税!


年末調整つながりで、初めて「ふるさと納税」に挑戦してみました。


楽天ポイントが貯まる「ふるさと納税」人気ランキング


ふるさと納税については、地方に寄付することでお米とか野菜、果物などいろんな特産物がもらえて、「節税対策」になるということぐらいは聞いていました。


ふるさと納税をすることで何となくメリットはありそうでしたが、今までは手続きが結構大変そうだったので、今回が初めてのふるさと納税となります。


ところで先日実家に帰ったところ、両親からふるさと納税で「お米20kg」もらったから持って帰るかと言われ、断る理由がなかったので「うん」と言ってお米を5kgもらいました。


ふるさと納税をすることで、お米20㎏ももらえることにびっくりしましたが、それにも増して両親がふるさと納税を続けていることにびっくりしました。
そもそも、ふるさと納税を勧めたのは私自身だったのですが。。。




ふるさと納税の仕組み


Morning in my hometown


そもそも「ふるさと納税」の仕組みを整理します。
まず、ふるさと納税とは、寄付金控除の一部で、地方公共団体に寄付する制度です。


税金の還付額 = 寄付金額 - 2,000円


ここで還付される税金は、寄付した年の所得税と、翌年徴収される住民税となります。
寄付金として今年払っている分が来年相殺または還付されることになります。


また還付額は、寄付金額によって変わりますので、寄付金額には年収に応じた上限額が設定されています。


ふるさと納税には今まであった寄付金とは異なる仕組みがあります。
それが寄付された地方からの特産物となります。


つまり、「ふるさと納税」とは、自己負担額たった2,000円で、地方のおいしい特産物をもらえる制度なのです。
これは使わない手はないですよね。

ふるさと納税の適正な金額とは?


ふるさと納税をするにあたり、まず一番最初にやったことは、自分の家族にとってどのくらいの寄付金額が適正なのかを計算することでした。


ふるさと納税の場合、上限額はなく、もちろんいくらでも寄付しても問題ありません。
ただ寄付金控除として申請できる金額は、年収に応じて異なります。
そこで私も自分の年収をもとに計算してみました。


限度額の目安は下記サイトを使って計算しました。


ふるさとチョイス


このサイトはとても便利です。
ある程度の適正な寄付金額を教えてくれて、しかも還付される所得税と住民税の金額まで分かります。
なんだかお得な気分になります。

ふるさと納税でもらえるお礼品の選択

Fruit


寄付する金額が決まったもののそこからが大変でした。
というもの、ふるさと納税でもらえる魅力的なお礼品がたくさんあったからです。


インターネットを見ると、お米をもらった方がお得だとか、お肉がいいとか、もしくは宿泊や遊園地のチケットなど体験型のお礼品までありました。


同じ寄付金額でも、お米60㎏もらえる地域があれば、逆に20㎏しかもらえないところもあります。
もちろんコスパを考えると、もらえるものは多いに越したことはないのですが、家族3人が住むような賃貸マンションに、お米60㎏を蓄えておくようなスペースはありません。


また新鮮な野菜やお肉、果物であればなおさらです。せっかくいただいたのあれば、おいしく頂きたいのは素直な気持ちです。
それを食べれなくて、腐らせてしまうなんて言語同断です。


ふるさと納税で寄付する適正な金額の中で、どこに寄付するか、そしてお礼品で何をもらうか、どのようなタイミングでもらうか、この3つを家族でじっくり考えることは大切でした。

おすすめの寄付先はここ!!


そんななか、おすすめの寄付先を見つけました。


宮崎県都城市 です。

www.furusato-tax.jp



都城市を寄付先におすすめする理由

  1. 定期的にお礼品(お肉とお酒)をもらえること
  2. クレジットカード払いできること
  3. 「ふるさと納税」枠を一気に消費でき、ワンストップ特例制度(確定申告が不要)を利用できること


メリットを一つ一つ解説をしていくと、都城市に寄付すると、一定期間毎月、特産のお肉や焼酎をもらえるのです。
寄付する金額によって、もらえる期間が異なったり、もらえるお礼品が牛肉になったり、豚肉になったり、鶏肉になったりします。


定期便であれば、保管するスペースに困ることはありません。
毎月違うお肉が届けられるので、楽しみが増えます。
友達を呼んでのパーティーもいいでしょう。


次にクレジットカード払いできることです。
ポイントが貯まりますのでこれは詳しくお話しすることもないと思います。


3つは意外と結構、大切なポイントかと思います。


私自身、今回ふるさと納税する地方公共団体を選ぶのが大変でした。
これは寄付する金額が大きくなれなるほど寄付先は増えることかと思います。
そうすると手続きが複雑になり、管理も大変になります。


すると、一括でふるさと納税の寄付枠を消費できて、すばらしい特産物をもらえることは重宝することになります。


さらにふるさと納税して確定申告することになると負担は大きくなります。確定申告は面倒なので、ふるさと納税もしないという人もいるでしょう。この特例は利用者にとって本当に便利な制度です。


2015年人気ランキング

まとめ


改めて、ふるさと納税はメリットしか無い仕組みです。
たっと2,000円の自己負担でいろんな特産物がもらえるなんて、利用しない手はないでしょう。


ただ実際、ふるさと納税をするとなると、結構面倒な手続きがあります。
これを手伝ってくれる人がいると助かるのかなと思います。


例えば、車や家、高級品や生命保険といった高額な商品を取り扱う営業マンはうまく活用できると思います。
自分の商品だけを売るのではなく、お客さんの、見込み客のふるさと納税をお手伝いするというニーズは絶対にあります。
するとお客さんもうれしいですし、場合によっては紹介が広がることかと思います。


私自身、今回この本を参考にしました。ふるさと納税を広めた金森さんが詳しく、そしてわかりやすく解説しています。


100%得する[ふるさと納税]完全ガイド (扶桑社ムック)

100%得する[ふるさと納税]完全ガイド (扶桑社ムック)



営業マンはこの本を持って、お客さんのところに行き、場合によってはお客さんにこの本をプレゼントしたらきっと喜びます。
今回、ふるさと納税をして損なことは一つもないので、頼りにされるはずです。


ぜひうまく活用してみて下さい。


楽天ポイントが貯まる「ふるさと納税」人気ランキング