保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

必見!生命保険を活用してローンを返済する裏技


日銀によるマイナス金利政策が始まって以来、日本の国債の金利は低下しています。国債を中心とした運用をしている保険会社にとっては、運用環境はとても厳しい状況です。現在の国債10年物の金利はマイナスとなっており、その影響を受けて、保険会社では円建ての貯蓄性保険の保険料値上げや販売停止という状態が続いています。



マイナス金利政策のメリットとデメリット


3D Realty Handshake


日銀によるマイナス金利政策はネガティブな側面ばかりのように思えますが、実はポジティブな影響が出ているところもあります。


例えば、住宅ローンを中心とした銀行が提供するローンの金利が下がっています。運用サイドである銀行側からすると、国債で運用しようにもマイナス付近まで金利が下がっているため、中長期的には保有していくことは難しいわけです。銀行からすると、国債は運用する資産の一つに過ぎず、企業に提供する融資や、個人への住宅ローンなども運用先の一つとなります。


そうすると、運用先の中で国債投資への魅力が下がり、それ以外の資産の運用利回りが相対的に上がり投資先が移っていくわけです。供給が少ないときに需要が多すぎると、価格はどんどん上がっていきます。たとえば、融資(ローン)の場合は、銀行間が競い合い、金利が下がっていきます。住宅ローンの提供を受ける個人からすれば、金利が低ければ低いほど利息を支払わなくていいので、お得なわけです。

住宅ローンの借り換えの検討


このように金利が下がってくると、今まで住宅ローンを借りていた人にも影響が出てきます。というのも、新規に住宅ローンを借りる場合は、今設定されている低い金利でお金を借りることができます。しかしながら、過去に借りた人は場合によっては高い金利のままお金を借り続けていることになります。


銀行側からすれば、高い金利で借りてくれる人が多ければ多いほど経営は安定することになります。ところが、営業マンがお客さんに「今の住宅ローンを他の銀行で借り換えれば、金利が下がりますよ」とか、今借りている銀行に「借り換えを検討しているんだけど、金利下がりませんかと言ってみてください」と知恵を付け始めます。その結果、今まで高い金利でローンを借りていた人たちは安い金利を求めて、借り換えを始めることになります。


また今回、借換えの金利を見ていて気付くことがあります。


通常、住宅ローンを借りる場合は、変動金利か固定金利のどちらかを選ぶことになります。一般的には、変動金利のほうがマーケット環境の影響を受けて、固定金利よりも低いケースが多々あります。変動と固定で大きな差があるんだったら、安い変動金利にしようということになります。


しかし今回は変動金利と固定金利の差がほとんどありません。逆に、固定金利の方が低い金利レートを提供する銀行さえあります。


となると、もし私が住宅ローンを借換るなら、できるだけ長いローン期間で、低い固定金利を提供する銀行を選ぶでしょう。そうすると、月々のキャッシュフローに余裕が出てきますので、その浮いたお金で資産運用していくことができます。


住宅ローン

生命保険の解約返戻金を使って借換えも可能


住宅ローンの金利は下がるところまで下がってしまったのであまり妙味がないですが、銀行から教育ローンやカードローン、キャッシングを借りている場合や、学生時代に有利子型の奨学金をもらっていた場合には、保険を活用することでローンの残額を減らすことができます。というのも、これらのローンの金利はいまだに高く設定されているケースがあります。


この場合、生命保険の機能である「契約者貸付」をすることで、資金を準備でき、ローンを返済することができます。もしかして、保険会社からお金を借りるのであれば、銀行から借りるのと一緒と考えている人もいるかもしれません。確かにお金を借りることは同じです。ただ借りている金利が契約者貸付を利用したほうが安いわけです。


ローンは複利で増えて負担が大きくなりますので、高い金利の元本はできるだけ減らしていくほうが賢明でしょう。安心していただきたいのですが、契約者貸付をしても保障内容に変更はありませんので、もし入院特約を付けていれば入院した時にはちゃんとお金をもらうことができます。



参考リンク


契約者貸付を使ったコツコツとお金を稼ぐ仕組みをご紹介しています。1日数分の作業で、1か月あたり数万円をつくることができます。ぜひ参考にしてみてください。


www.hokenmania.net