保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

”生命保険”という、最もカンタンで確実なお金を貯める仕組み


私が生命保険の営業マンをしていたとき、よくお客さんから、「あなたが勧める保険が良いのはわかるんだけど、今始めるお金が無いから保険の申し込みができない。」と言われました。しかも少なくない人数です。


それは断り文句の一つかもしれませんし、また保険を始めるのが怖いのかもしれませんし、本当にお金が無いのかもしれません。


もしくは本当はお金があるのかもしれないけど、生命保険に加入するためのお金の作り方を知らないのかもしれません。


本当の理由を知っているのは本人だけです。


生命保険の自動的にお金を貯める仕組み


f:id:hokenmania21:20160918205615j:plain


ただここでよく考えてほしいのですが、今入るか入らないかを考えている”生命保険”という金融商品は、本当にすばらしいものだということです。生命保険にはさまざまな機能がありますが、その一つである「積立運用」という側面を見ると、将来に向けてお金を貯めたいとか、資産を運用していきたいという方にはピッタリだということです。


まず生命保険には自動的にお金を貯めていく仕組みがあります。


保険に入るお金が無いという方に出会ったときによくしていたお話があります。

「もしかして、収入からいろんな物や事にお金を使い、余ったお金で、保険に入ろうとしていませんか」かと。


そう考えているのであれば一生お金は貯まりません。収入が増えれば増えるほど、お金を使ってしまい、生命保険に加入するようなお金なんてありません。そうなれば、やりたいこともできないでしょうし、買いたいものも買えないかもしれません。


ここで大切な考えとして、余ったお金で最後に生命保険に加入するのではなく、生命保険は家族を守るうえで最も大切なものとして位置づけ、優先的に支払い、残った資金の中でやり繰りをしていくわけです。残額の中で何に使おうが関係ありません。収入の中から既に保険料は支払っているわけですから。


でも優先的に保険料を支払うことなんてできるでしょうか。


はい、できます!!


生命保険にはその機能を有しています。「口座引落し」です。


口座引落しであれば、収入が銀行口座に入ってきたとしても、保険会社が自動的に口座引落しの依頼をかけて、保険料を引きさっていきます。理想的には給与支払日と保険料の口座引落日が近いほうがいいでしょう。契約者の都合に応じて引落日を設定できる保険会社がありますので、有効に使うといいと思います。


まずこの口座引落しを使うことによって、自動的にそして確実に積立をしていくことができます。

解約しづらい仕組み


次に生命保険が持つ、積立にぴったりな特徴があります。

「なかなか引き出すことができない」


積立貯金や積立投資であれば、解約などの手続きがとてもカンタンです。今までせっかく貯めてきたお金も解約して手元にお金が戻ってくれば、人間どうしても弱い生き物で、使ってしまう可能性があります。


なので、できれば解約できないものがいい。


生命保険も解約することができますが、結構面倒です。保険のおばちゃんが解約を阻止しに来たり、コールセンターに電話してもなかなか解約するための書類を送ってくれません。であれば、解約するのは止めてそのまま保険を続けるかということになるわけです。


これでめでたく満期を迎えることができればメデタシめでたしです。

積立するときにおススメの生命保険


ここで積み立てで加入する生命保険に適しているものとしては、変額保険や外貨建て保険がいいでしょう。


www.hokenmania.net



掛け捨てで、戻ってくるものが無ければ、さみしいものです。運用や為替の状況によっては支払った保険料の何倍にもなって戻ってくればうれしいものです。


余ったお金は自由に使うことができると言いましたが、もし急な出費でお金が無くなったらどうするかというと、短期的な出費であれば、契約者貸付(保険会社から一時的にお金を借りる仕組み)を使うこともいいかもしれません。


返すお金ができれば返済すればいいわけです。生命保険の契約は継続され、今までどおりの運用がなされます。


保険に入るお金がないという方はぜひ一度ご自身のお金の動きを見てみるといろんなことがわかると思います。