保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

まだ学資保険を検討していますか?教育資金を貯めるなら、今は個人年金保険がおすすめ!

学資保険というと、子どもができると一度は検討するものだと思います。
学資保険は将来の子どもの教育資金を貯めるための手段の一つです。高校や大学入学のある時期にまでに、必要なお金を貯めるのであれば、いろんな方法が考えられます。



学資保険以外に、教育資金をためる方法とは?


f:id:hokenmania21:20160906222040j:plain


貯金をするのでもいいですし、ギャンブルや宝くじで増やすでもいいですし、株式投資や投資信託を買うのでもいいかもしれません。いろんな方法が考えられるわけですが、ある目標に対してその間いっさい使わずに、そして確実に増やしていく方法はなかなか無いのでないかと思います。


貯金は今のマイナス金利政策の下ではほとんど増えません。ギャンブルや投資を通じて確実に増やすことは難しいかもしれません。だからこそ、保険会社の保証する利回りに沿って増えていく、そしてその資金を使いづらい「学資保険」は人気を博しているのではないでしょうか。


そんな中、学資保険よりも増えて、より契約者にとってメリットの高い方法があります。


それは「個人年金保険」に加入することです。


と言われても、すぐには理解できないと思います。詳細はこれから説明していきますね。


そもそも学資保険と個人年金保険はお金を増やす仕組みとしてはほとんど同じです(一部の学資保険には契約者である親が亡くなったときの保険料払込免除の特約がありますが、ここでは省略します)。一定期間のお金を支払い続けると、満期を迎えたときに支払った保険料よりも多い金額を受け取ることができます。


そのお金の貯める目的が、子どもの教育資金なのか、それとも老後の資金なのかという違いですがお金を貯める手段としては一緒です。


したがって、学資保険と個人年金保険を販売する保険会社からすると、契約者から預かったお金を一定期間運用するという観点から大きな違いはなく、同じ条件であれば多少の運用利率の差はあるかもしれませんが、ほとんど無視できる範囲だと思います。


そういった状況の中で、個人年金保険をすすめる理由として、「個人年金保険料控除」の枠を使うことができるからです。ここが大きなポイントです。


生命保険料控除については以前のエントリーの中でご説明しました。大した金額が還付されないので無視されがちですが、チリも積もればでコツコツで保険料控除を活用することで相当な金額の還付を受けることができます。


www.hokenmania.net


これを見た方の中には、学資保険も「一般生命保険料控除」の枠を使えるのではと思うかもしれません。確かにその通りです。学資保険は一般生命保険料控除の枠を使うことができます。ただし、控除枠には上限が設定されています。


生命保険に初めて加入する方であれば、学資保険や個人年金保険のどちらでもかまいません。ただ今回の場合は、子どものいるご家庭の話しをしています。すると、ご主人の万が一のことを考えて、死亡保障の一つや二つは加入しているのではないでしょうか。


月額の保険料で約7,000円となりますので、あっという間に一般生命保険料控除の枠を使い切ってしまいます。この後、いくら「一般生命保険料控除」対象の保険に追加で加入したとしても控除されることはありません。学資保険でも一緒です。

個人年金保険料控除を改めて見直す


そこで登場するのが個人年金保険です。


この個人年金保険料控除の枠を意外と使いきっている場合をあまり見かけません。たぶん控除を使って還付を受けたとしても大した金額ではないでは意識していないでのではないかと思います。


個人年金保険に加入することで、学資保険と同じような仕組みでお金を増やすことができ、さらに個人年金保険料控除の枠を使い切ることで一定の金額の還付を受けることができます。


たとえば、所得税の速算表における税率が33%の場合、所得税と住民税の還付金額は、最大約1万6,000円(控除枠の使い方によっては変更)となります。所得税の税率が高くなるようであれば、もっと効果があります。大学入学まで18年間の還付金額の合計は約29万円です。


大学入学までの18年間、個人年金(年払保険料8万円)を払い続けたとすると、総額が144万円になりますので、約20%に相当する金額が戻ってくるわけです。改めて計算してみると、結構効果はありそうですね。学資保険で普通に貯めるよりもいい手段だと思います。


ここでは個人年金保険料の控除枠を用いましたが、場合によっては「医療・介護保険料控除枠」を使っても問題ないです。医療保険の場合、掛け捨てで保険料が安いため、控除枠を使い切ることはあまりありません。そこで、余っている控除枠を介護・医療保険料控除に該当する保険に加入して還付を受けることは有効です。ここで追加する保険は、掛け捨てではなく、貯蓄型に入ることがポイントです。ぜひ検討してみてください。

参考リンク


個人年金はこちらの記事に人気です。

www.hokenmania.net