保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

毎年5万円の還付金!生命保険を使った究極の節税手法

生命保険に入ると税金が戻ってくるというのはよく知られたお話です。

サラリーマンであれば、年末調整のときに保険会社からもらった生命保険の控除証明書を添付することで、翌月もしくは翌々月の給料に還付金額がプラスされて戻ってきます。振り込まれる金額が増えているので、ちょっとお得な気分ですよね。


ただこの還付金は、それほど大きな金額ではないのであまり気にしていないという人がいるかもしれません。実はわたしもそんな一人でした。今では、ちゃんと満額つかっています。


この生命保険の控除枠を毎年、使うか使わないかで大きな差が出てきます。「どうせたいしたことないでしょ」と思うかもしれませんが、チリも積もれば結構な金額です。


そこで、今回は生命保険料控除の仕組みが2012年1月に変わっているので、変更点を含めて、一度整理してみたいと思います。



スポンサーリンク




生命保険料控除の改正のポイント


f:id:hokenmania21:20160821230827j:plain


まず何が変わったかというと、控除の対象となる保険の種類と金額が変更になりました。


今まで対象だった保険種類は、「一般生命保険」と「個人年金保険」の2種類のみ。「一般生命保険」と言われても分かりにくいのですが、終身保険や定期保険、養老保険といった受取人が家族となる保険で、大半の保険はこのカテゴリーに含まれています。もう一つが個人年金。


2012年以降は、一般と個人年金の2種類から、「介護・医療保険」という新しいカテゴリーが追加されました。医療保険やがん保険、介護保険などが対象です。


もう一つの変更点として、控除金額も変わりました。今までの制度ではすべての控除枠を使うと、所得税で10万円、住民税で7万円でしたが、新しい制度でも同様にすべての枠を使い切ると、所得税で12万円、住民税で7万円分控除される仕組みに変更されています。


新しい制度になったことで、所得税の控除枠を2万円分(=新制度12万円ー旧制度10万円)多く使えるようになったわけです。控除枠が多くなることは、戻ってくる税金もその分増えるので、お得になったということですね。


f:id:hokenmania21:20160822233600p:plain


また2012年以前と以降の両方の保険に加入している場合はどうなるかというと、もちろん両方の控除枠を使えるわけではありません。この場合、控除枠の限度額は新制度と同じ、所得税で12万円、住民税で7万円です。


このように自分がいつ保険に加入したかによって、控除の金額(手元に戻ってくるお金)が異なりますので確認したほうがいいでしょう。自分でわからなければ、保険会社か担当者に聞いてみれば教えてくれると思いますよ。

生命保険料控除枠を使うことで得られるメリット


ではこの保険料控除を利用することで、どれだけ税金がもどってくるか確認してみたいと思います(2012年改正後の制度を前提)。


まず先ほどお伝えしましたが、生命保険料控除は3種類あります。


① 一般生命保険料控除 (終身保険、定期保険など)

② 介護医療保険料控除 (医療保険など)

③ 個人年金保険料控除 (個人年金)


すべての控除枠を使うと、所得税と住民税の控除額はそれぞれ12万円と7万円。ここで住民税については8.4万円(=2.8万円*3)ではなく、7万円となるので注意してくださいね。


では具体的に、還付金額を計算してみます。例えば、所得税の速算表における税率(下記の表)が33%とすると、約4万円(=保険料控除枠(所得税)12万円×33%)の税金が戻ってきます。


f:id:hokenmania21:20160822234552p:plain


また住民税は一律10%なので、7千円(=保険料控除枠(住民税)7万円×10%)となります。


すると、所得税と住民税のもどってくる金額を合計すると、4万7千円となります。この例では、所得税の税率が33%で計算しましたので、もっと税金が取られている場合には、戻ってくる金額が大きくなりますので効果は大きいというわけです。


一年単位で考えると、約5万円と大きくはない金額となりますが、これが30年続くとすると、約150万円となります。


まさにちりも積もれば山となるわけです。


ただ保険に入っても掛け捨て(貯蓄型ではない)だから、病気とかケガをしなければ何も返ってこないと考える方もいるでしょう。



スポンサーリンク


貯蓄型保険で控除枠を使い切る方法


実は、すべての生命保険料控除(一般、個人年金、介護・医療)について、「貯蓄型」の(解約返戻金のある)保険が存在します。


従って、保険特有の「レバレッジ保障、運用、受取人の指定など」の機能の恩恵を受けて貯蓄をしながら、さらに国の定めた「生命保険料控除」という制度を使い節税までできます。


そして、どうしても手元にお金を置いておきたいと考えるのであれば、「契約者貸付」を検討するのもありだと思います。


「契約者貸付」とは、解約返戻金の範囲内で、保険会社からお金を借りることができます。お金を借りますので、多少利息は取られますが、この「契約者貸付」はいつでも保険会社からお金を借りることができ、借入の目的なしに、返済しなければならない期日なしに、流動性は確保できます。


ご参考までに、各生命保険料控除の貯蓄型の保険例を書いておきます。

①終身保険、養老保険、外貨建保険

②貯蓄型の介護保険、がん診断保険

③個人年金保険


手元に戻ってくるお金は大きくはないですが、ちりも積もればと思って、控除枠を最低限使うことはアリだと思います。

これから年末調整の時期になりますので、もし使っていない控除枠がありましたら検討してみてください。


参考リンク


このブログ記事以外にも、保険や投資商品を独自の視点でご紹介しています。下記リンクも参考に。


www.hokenmania.net

www.hokenmania.net

www.hokenmania.net