保険マニアのお得な保険情報局

保険マニアのお得な保険情報局

元保険屋さんが保険の使い方やお金の増やし方をご紹介しています

医療保険は不要だけど、先進医療保険は加入しておいた方がいい!その理由とおすすめの保険をご案内。

前回のエントリーでは、病院で入院や手術をした場合、自分が実際に病院に支払うお金はそれほど大きな金額(年収700万円だと一か月あたり8万円の自己負担)にならないことをお伝えしました。


さらに、健康保険組合によっては独自の「付加給付」(会社が医療費を補助)という仕組みがあり、負担する上限額が2万円になったり、5,000円まで下がることがあるとお話ししました。


こういったすばらしい仕組みがあるのであれば、利用する価値は十分にあります。


本来、保険の役割としては「自分ではカバーできていないリスク」を考えて、お金を準備するものです。


「健康保険」や「高額療養費制度」、「付加給付」でカバーできているのであれば、わざわざお金を支払ってまで保険に加入する必要はありません。


ただし、これは健康保険の対象となる治療のみのお話です。

健康保険の適用外の治療や医療サービス


f:id:hokenmania21:20160808214828j:plain


普段、病院や歯医者にいくと先生から、「健康保険が適用されるものとされないものがありますが、どちらの治療にしますか?」と言われることがあります。


健康保険の対象外となる病院での診療といえば、出産にかかる費用とか、個室のベッド代などというイメージがありますが、実は他にもあります。


「先進医療」という言葉をご存知でしょうか?

「先進医療」とは、健康保険制度に基づく評価療養のうち、治療や手術を受けられた日において、厚生労働大臣が定める先進医療(先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する医療施設にて行われるものに限ります)をいいます。


つまり、「先進医療」とは厚生労働省のホームページで指定される治療を指します。


先進医療ができた背景として、今までの健康保険の適用内の治療だけではカバーできなくなった患者さんの多くのニーズに対応するためです。


安全性を確保した治療方法ではありますが、まだまだ世の中には知られていない治療が多いため、先進医療は全額自己負担となります。

先進医療の種類と費用


全額が自己負担といっても、受ける治療の種類によって金額は大きく異なってきます。


「重粒子線治療」であれば約300万円の費用がかかります。

一方、「前眼部三次元画像解析」の場合は約3,000円となり、払えないほど高いものではありません。


2015年に最も行われた「先進医療」の治療は、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」で9,877件となります。


名前からは分かりにくいですが、「白内障治療」です。


白内障はもちろん健康保険をつかって治療できます。

一方、より高度で最新の治療を用いるのが「先進医療」です。


先進医療で「白内障治療」をすると、平均で約50万円の費用がかかります。


白内障は若いころであれば問題ありませんが、高齢になればなるほどかかる割合の高い病気です。


年齢とともに高い確率で白内障になるのであれば、先進医療は最低限押さえておくべき保険です。


健康保険組合は医療費のかかる高齢者が増えて、負担が重くなるため、運営状況はとても厳しく、組合だけではカバーできなくなりつつあります。


厚生労働省としては今後、健康保険が適用される治療は可能な限り少なくして、組合の負担を軽くするような先進医療の認可を増やしていくのではないかと考えています。


そうすると、今のうちに先進医療保険に入るのはかしこい選択肢だと思います。


病気になってからでは、診査(健康診断や告知書の内容)の結果によっては保険に入ることができません。


先ほど、先進医療にはさまざまな種類の治療があり、治療の内容によって費用が大きく異なることを確認しました。


最新で、高度な治療をカバーする保険なので、保険料は高いように思われますが、実はなんと1か月あたり100円かそこらです。


これは入っておかない手はないですよね。


ここからが保険会社の戦略なのですが、先進医療に入ろうとしても、先進医療保険だけでは加入することができません。


つまり、医療保険の特約として付けるしかないのです。


前回のエントリーの中で、医療保険は健康保険の保障内容によっては必要ないかもしれません。


しかしながら、先進医療が必要ということであれば、医療保険に加入するしかないわけです。


したがって、主契約となる医療保険はできるだけ保障を抑えて、保険料を安くし、そこに先進医療の特約をつければいいわけです。

先進医療を受ける際の交通費や宿泊費は?


また、先進医療は全国どこの病院でも同じ治療を受けれるかというと決してそういうわけではありません。


先ほど高額な先進医療でみた「重粒子線治療」であれば、千葉、兵庫、群馬、佐賀、神奈川の4地域のみです。


東京に住んでいる場合は近くの千葉を選択する可能性がありますが、もしかして予約がいっぱいで治療が受けれないかもしれません。


そうなると、違う地域に治療を受けにいく必要があります。


その場合、どうしても交通費や、場合によっては宿泊費がかかってきます。


最近では、多くの医療保険に特約として先進医療をつけることができるようになりました。


先進医療といっても、中身を見てみると保険会社によって大きく異なります。


シンプルに、先進医療の治療費だけをカバーしているものもありますし、中には先進医療を受けるための交通費と宿泊費もカバーしてくれる保険まであります。


保険料が高くなるかというと、ほとんど変わりません。


会社によってはわずかな差ですが、安くなるところまであります。


保険料に同じ金額を支払うのであれば、保障内容が充実しているほうがいいですよね。


そこでおすすめなのが、三井住友海上あいおい生命の「新医療保険Aプラス」です。


医療保険の主契約をできるだけ安くすることができ、特約として先進医療をつけることができます。


しかも、その先進医療で宿泊費と交通費をカバーしてくれるわけです。なので、全国どこの病院に行く場合になって安心です。


先進医療にまだ加入していなければ、ぜひご検討してみてください。